スタッフブログ

スタッフブログ

【各国活動】

レバノンにおけるシリア難民、レバノン人青少年支援事業、4年間のご報告 ―青少年が自らの力で、今を乗り越えていけるように

2011年3月に始まったシリア危機。この影響により、隣国のレバノンには多数のシリア人が避難してきています。レバノンは人口約450万人と中東のなかでも小さな国です…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援
国・地域別:
シリア危機
「レバノンにおけるシリア難民、レバノン人青少年支援事業、4年間のご報告 ―青少年が自らの力で、今を乗り越えていけるように」イメージ

【各国活動】

セーブ・ザ・チルドレンは、シリア・イドリブにおける化学兵器の使用が疑われる攻撃に対して、早急な調査と公正な説明責任が果たされることを求めます

セーブ・ザ・チルドレンは、 4日早朝にイドリブで起こった化学兵器を使ったとみられる攻撃により、 またしても子どもたちやその家族の命が奪われる壊滅的な事態に衝撃を…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援
国・地域別:
シリア危機
「セーブ・ザ・チルドレンは、シリア・イドリブにおける化学兵器の使用が疑われる攻撃に対して、早急な調査と公正な説明責任が果たされることを求めます 」イメージ

【各国活動】

【ストップ!学校への攻撃】シリアでは3分の1の学校が紛争の被害を受けている〜紛争下であっても子どもたちに教育を〜

6年におよぶ紛争は、シリア国内の教育システムを徹底的に破壊しました。国内にある学校の3校に1校が被害を受けたり、破壊されたり、武装勢力に占拠されたため使用出来な…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援
国・地域別:
シリア危機
「【ストップ!学校への攻撃】シリアでは3分の1の学校が紛争の被害を受けている〜紛争下であっても子どもたちに教育を〜」イメージ

【各国活動】

【紛争6年目のシリア】毒性ストレスに晒される子どもたちのメンタルヘルスが危機的状況に―シリアの子どもたちに関する調査報告書「見えない傷」を発表

​子ども支援専門の国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレンは、2011年3月にシリアで内戦が勃発してから6年を迎えるにあたり、シリア国内に留まる子ども…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援
国・地域別:
シリア危機
「【紛争6年目のシリア】毒性ストレスに晒される子どもたちのメンタルヘルスが危機的状況に―シリアの子どもたちに関する調査報告書「見えない傷」を発表」イメージ

【各国活動】

「シリア北西部では、学校への爆撃が増え子どもたちが紛争の前線に立たされている」セーブ・ザ・チルドレン・インターナショナル事務局長ヘレ・トーニング=シュミット

シリア北西部のイドリブやアレッポでは、空爆と地上戦が激化しており、それに伴い、学校への攻撃が増えています。最近では、わずか1週間の間にセーブ・ザ・チルドレンのパ…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援 教育
国・地域別:
シリア危機
「「シリア北西部では、学校への爆撃が増え子どもたちが紛争の前線に立たされている」セーブ・ザ・チルドレン・インターナショナル事務局長ヘレ・トーニング=シュミット」イメージ

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP