国内事業

国内事業

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、2003年より国内事業を実施してきました。これまでの知見をもとに、2016年からは、子どもや養育者への直接支援、啓発、政策提言を通じて、子どもの貧困問題の解決や子ども虐待の予防に取り組みます。当初3年間は、東日本大震災復興支援事業を通じて構築された行政や地域とのパートナーシップをもとに東北地方沿岸部や関東圏を中心に、日本の子どもの生きる・育つ・守られる・参加する 「子どもの権利」の実現に努めていきます。

熊本地震緊急・復興支援

地震発生翌日の4月15日以降、熊本県益城町において、子どもたちや保護者へのニーズ調査に基づいた緊急・復興支援を続けています。
これまでに、離乳食やおしりふき等の支援物資を配布したほか、益城町の5ヶ所の避難所で、子どもが安心・安全に過ごすことのできる「こどもひろば」の活動を実施してきました。5月13日までの「こどもひろば」の利用者は、のべ約2,100人に上りました。また、学校再開後の5月16日から、益城町の全公立小中学校において、簡易給食の補食支援のほか、防災ずきん等、防災用品の配布も始めました。
詳しくは以下のページをご覧ください。

東日本大震災復興支援

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは震災直後から緊急支援を開始し、岩手・宮城・福島の3県で子どもたちの声を聴きながら復興支援を行ってきました。多岐にわたる活動でこれまでのべ約188万人に支援を届けることができました。2015年度をもって5ヵ年計画が完了しましたが、一部の事業を継続するとともに、活動が現地に根付くようフォローアップを続けていきます。

子どもの保護

子どもが安心・安全に遊び、学び、成長できる「場」をさらに拡充するための支援を継続しています。

教育

子どもが健康で安心して学べる環境づくりの向上と、新しい学習機会へのアクセスのサポートをしています。

子どもにやさしい地域づくり

地域の一員である子どもたち自身が、地域の復興に向け声をあげ、社会に参加できるように、サポートしています。

コミュニティ・イニシアチブ

地域の方々が主役となって子ども支援を推進できるように、現地NPOの活動と組織強化への支援を行っています。

防災(災害リスク軽減)

子どもを中心とする防災を推進し、災害リスクを軽減することを目指しています。

福島

震災・原発事故で変わってしまった環境の中で生きる子どもたちをサポートしています。

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(13)】 「楢葉に帰るか帰らないかを家族でちゃんと話し合おうと思った」 〜避難指示解除が決まった楢葉町の子どもたちの気持ち〜

7月7日、福島県の新聞は、双葉郡楢葉町(ならはまち)が「9月5日に避難指示解除」されるというニュースを一面トップで伝えました。これは、原発事故後、ずっと全町避難…

続きを読む

活動テーマ別:
防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(13)】 「楢葉に帰るか帰らないかを家族でちゃんと話し合おうと思った」 〜避難指示解除が決まった楢葉町の子どもたちの気持ち〜」イメージ

【各国活動】

【宮城:学童(6)】「子どもたちの前に立つのであれば学び続ける支援員になるよう努力しなければ」自治体主催による放課後児童支援員等の研修会開催!

7月宮城県石巻市と東松島市で、それぞれ放課後児童支援員等(旧:学童保育指導員、以下学童指導員)を対象に自治体主催の研修会が開催されました。セーブ・ザ・チルドレン…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本/東日本大震災/子どもの保護
「【宮城:学童(6)】「子どもたちの前に立つのであれば学び続ける支援員になるよう努力しなければ」自治体主催による放課後児童支援員等の研修会開催!」イメージ

【各国活動】

高校生と小学生の防災ワークショップ〜また高校生のお姉さんと「みんなで遊んでたすカルテット」で遊びたいな!

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、宮城県東松島市で「子どもから子どもへの防災学習」を推進しています。2015年7月27日には、市内の石巻西高校の生徒が放課後児…

続きを読む

「高校生と小学生の防災ワークショップ〜また高校生のお姉さんと「みんなで遊んでたすカルテット」で遊びたいな!」イメージ

【各国活動】

高校生が防災学習のファシリテーター〜石巻西高等学校「防災体験学習T」〜

宮城県石巻西高等学校では、災害発生時に役立つ知識やスキルの習得を目的とし、年に2回「防災体験学習」を1日かけて行います。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは昨年と…

続きを読む

「高校生が防災学習のファシリテーター〜石巻西高等学校「防災体験学習T」〜」イメージ

【各国活動】

【コメラさんさん(26)】「てくてく遊び隊」、元気いっぱいに活動中!!〜福島の外遊び・お散歩サポートが始まりました〜

今年も暑い福島の夏。でも子どもたちにとっては最高に楽しい季節です。「福島の外遊び・お散歩サポートてくてく遊び隊」(以下、「てくてく遊び隊」)の夏の活動がついに始…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【コメラさんさん(26)】「てくてく遊び隊」、元気いっぱいに活動中!!〜福島の外遊び・お散歩サポートが始まりました〜」イメージ

【各国活動】

【福島:学童(18)】いわき市平五小児童育成クラブ分室(仮称)と相馬市ポニー第二児童クラブ(仮称)の建設が始まりました!

東日本大震災以後、津波被害による沿岸部から内陸部への移住に伴う都市部の人口増加、共働き世帯の増加、安全上、自分の不在時に長時間子どもだけが自宅にいるという状況を…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:学童(18)】いわき市平五小児童育成クラブ分室(仮称)と相馬市ポニー第二児童クラブ(仮称)の建設が始まりました!」イメージ

【各国活動】

東北の子どもたちが復興庁参事官と意見交換「子どもまちづくりリーダーツアー2015」Vol.2

2015年8月3日、復興大臣に直接提言書を提出した岩手・宮城・福島県の子どもたち。復興大臣に提言書を提出した後、復興庁参事官とも意見交換を行いました。東日本大震…

続きを読む

「東北の子どもたちが復興庁参事官と意見交換「子どもまちづくりリーダーツアー2015」Vol.2」イメージ

【各国活動】

【参加者募集】9月11日(金)シンポジウム「東北の支援現場から知る『子どもの貧困』」

日本では6人に1人の子どもが相対的貧困下にあります。このような状況を変えていこうと様々な支援団体が活動を展開しています。政府は「子供の貧困対策に関する大綱」を1…

続きを読む

「【参加者募集】9月11日(金)シンポジウム「東北の支援現場から知る『子どもの貧困』」」イメージ

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(11)】 自分だけが知っている心のつぶやき 〜原発事故からこれまで、そして、これから〜

東日本大震災とそれに続く原発事故発生から4年が経ちます。当時、小学校低学年だった子どもたちも今は、もう中学生です。子どもたちは、4年前のことをどのように記憶にと…

続きを読む

活動テーマ別:
防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(11)】 自分だけが知っている心のつぶやき 〜原発事故からこれまで、そして、これから〜」イメージ

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP