国内事業

国内事業

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、2003年より国内事業を実施してきました。これまでの知見をもとに、2016年からは、子どもや養育者への直接支援、啓発、政策提言を通じて、子どもの貧困問題の解決や子ども虐待の予防に取り組みます。当初3年間は、東日本大震災復興支援事業を通じて構築された行政や地域とのパートナーシップをもとに東北地方沿岸部や関東圏を中心に、日本の子どもの生きる・育つ・守られる・参加する 「子どもの権利」の実現に努めていきます。

熊本地震緊急・復興支援

地震発生翌日の4月15日以降、熊本県益城町において、子どもたちや保護者へのニーズ調査に基づいた緊急・復興支援を続けています。
これまでに、離乳食やおしりふき等の支援物資を配布したほか、益城町の5ヶ所の避難所で、子どもが安心・安全に過ごすことのできる「こどもひろば」の活動を実施してきました。5月13日までの「こどもひろば」の利用者は、のべ約2,100人に上りました。また、学校再開後の5月16日から、益城町の全公立小中学校において、簡易給食の補食支援のほか、防災ずきん等、防災用品の配布も始めました。
詳しくは以下のページをご覧ください。

東日本大震災復興支援

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは震災直後から緊急支援を開始し、岩手・宮城・福島の3県で子どもたちの声を聴きながら復興支援を行ってきました。多岐にわたる活動でこれまでのべ約188万人に支援を届けることができました。2015年度をもって5ヵ年計画が完了しましたが、一部の事業を継続するとともに、活動が現地に根付くようフォローアップを続けていきます。

子どもの保護

子どもが安心・安全に遊び、学び、成長できる「場」をさらに拡充するための支援を継続しています。

教育

子どもが健康で安心して学べる環境づくりの向上と、新しい学習機会へのアクセスのサポートをしています。

子どもにやさしい地域づくり

地域の一員である子どもたち自身が、地域の復興に向け声をあげ、社会に参加できるように、サポートしています。

コミュニティ・イニシアチブ

地域の方々が主役となって子ども支援を推進できるように、現地NPOの活動と組織強化への支援を行っています。

防災(災害リスク軽減)

子どもを中心とする防災を推進し、災害リスクを軽減することを目指しています。

福島

震災・原発事故で変わってしまった環境の中で生きる子どもたちをサポートしています。

【各国活動】

子ども82名、おとな131名が集合!!「第6回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらが叶える夢のまち〜」Vol.1(2015.05.12)

 2015年5月5日こどもの日に、東北をはじめ全国の子ども・おとな213名が一堂に会し、「第6回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらが叶える夢のまち〜…

続きを読む

「子ども82名、おとな131名が集合!!「第6回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらが叶える夢のまち〜」Vol.1(2015.05.12)」イメージ

【各国活動】

みんなでつくろう!東松島市での公園づくり?(最終回)〜地域で取り組む防災にも役立つ公園です!(2015.05.07)

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下:SCJ)は、子どもたちが遊び、学び、成長できる安全な環境づくりを目的として、これまで石巻市、東松島市の9か所の公園整備を…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本/東日本大震災/子どもの保護
「みんなでつくろう!東松島市での公園づくり?(最終回)〜地域で取り組む防災にも役立つ公園です!(2015.05.07)」イメージ

【各国活動】

パネル展示協力者募集!「進め!高田っ子!まちづくりフォト☆第2弾」(2015.04.28)

陸前高田市の子どもたちが撮影した写真のパネルを地域で展示して下さる方々を募集しています!写真パネルは、岩手県陸前高田市の子どもたちが復興への思いを写真で発信する…

続きを読む

「パネル展示協力者募集!「進め!高田っ子!まちづくりフォト☆第2弾」(2015.04.28)」イメージ

【各国活動】

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの展示ブース@第3回国連防災世界会議(2015.04.20)

宮城県仙台市で開催された第3回国連防災世界会議の期間中、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは展示ブース で、東日本大震災復興支援事業での活動について多くの人たちに…

続きを読む

「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの展示ブース@第3回国連防災世界会議(2015.04.20)」イメージ

【各国活動】

セーブ・ザ・チルドレンの防災担当職員が東松島市・石巻市を訪問(2015.04.17)

第3回国連防災世界会議に参加するために来日した各国のセーブ・ザ・チルドレンの防災担当の職員のうち6名(韓国、フィリピン、モザンビーク、モンゴル)が、会議に先立っ…

続きを読む

「セーブ・ザ・チルドレンの防災担当職員が東松島市・石巻市を訪問(2015.04.17)」イメージ

【各国活動】

【福島:学童(16)】いわき市平四小第二児童クラブ建設:新しい児童クラブが完成!開所式が行われました!(2015.04.10)

2014年11月から建設が始まったいわき市平四小第二児童クラブがついに完成し、2015年3月30日に開所式が行われました。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:学童(16)】いわき市平四小第二児童クラブ建設:新しい児童クラブが完成!開所式が行われました!(2015.04.10)」イメージ

【各国活動】

【岩手・宮城・福島:学童(3)】「どんな体験も自分の糧にできるようになったことが、今回の震災で学んだ教訓です」『東日本大震災 学童保育指導員記録集』完成(2015.04.09)

「(3月11日震災時は)ほとんどの子どもが下校途中という最悪のシチュエーションの中で、全員が無事に家に戻れたのは奇跡でした。しかし、次の災害でもこのような結果に…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本/東日本大震災/子どもの保護
「【岩手・宮城・福島:学童(3)】「どんな体験も自分の糧にできるようになったことが、今回の震災で学んだ教訓です」『東日本大震災 学童保育指導員記録集』完成(2015.04.09)」イメージ

【各国活動】

三県の子どもたちが参加!第3回国連防災世界会議Vol.3(2015.04.07)

2015年3月14〜18日まで仙台で第3回国連防災世界会議が開催されました。岩手・宮城・福島県の子どもたちの代表メンバー3名も東日本大震災を経験した子どもたちの…

続きを読む

「三県の子どもたちが参加!第3回国連防災世界会議Vol.3(2015.04.07)」イメージ

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(10)】震災の経験や放射線への不安、疑問をみんなで話してみよう〜双葉町立双葉中学校でワークショップを実施〜(2015.04.01)

「自分たちの町に、中間貯蔵施設ができるのかな…」「今、町に戻ったら、私たちってどうなるんだろうね?」これは、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下、SCJ)が1…

続きを読む

活動テーマ別:
教育
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(10)】震災の経験や放射線への不安、疑問をみんなで話してみよう〜双葉町立双葉中学校でワークショップを実施〜(2015.04.01)」イメージ

【各国活動】

第3回国連防世界会議パブリックフォーラム〜東日本大震災の教訓を漫画で学ぼう!子どもが考え、行動できる防災へ〜(2015.03.26)

漫画で学ぶ防災教育教材「とっさのひとこと」の英語版が完成しました。地震や津波など災害が頻発するフィリピンとインドネシアでも、この教材を使った防災学習を実施。東日…

続きを読む

「第3回国連防世界会議パブリックフォーラム〜東日本大震災の教訓を漫画で学ぼう!子どもが考え、行動できる防災へ〜(2015.03.26) 」イメージ

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(9)】親子で話そう、測ろう、考えよう、放射線のこと〜郡山市の放課後児童クラブでワークショップを実施しました〜(2015.03.22)

2015年最初の放射能リテラシーワークショップのご報告です!セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下、SCJ)では、1月に、郡山市の放課後児童クラブ(学童保育)で…

続きを読む

活動テーマ別:
教育
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(9)】親子で話そう、測ろう、考えよう、放射線のこと〜郡山市の放課後児童クラブでワークショップを実施しました〜(2015.03.22)」イメージ

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP