国内事業

国内事業

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、2003年より国内事業を実施してきました。これまでの知見をもとに、2016年からは、子どもや養育者への直接支援、啓発、政策提言を通じて、子どもの貧困問題の解決や子ども虐待の予防に取り組みます。当初3年間は、東日本大震災復興支援事業を通じて構築された行政や地域とのパートナーシップをもとに東北地方沿岸部や関東圏を中心に、日本の子どもの生きる・育つ・守られる・参加する 「子どもの権利」の実現に努めていきます。

熊本地震緊急・復興支援

地震発生翌日の4月15日以降、熊本県益城町において、子どもたちや保護者へのニーズ調査に基づいた緊急・復興支援を続けています。
これまでに、離乳食やおしりふき等の支援物資を配布したほか、益城町の5ヶ所の避難所で、子どもが安心・安全に過ごすことのできる「こどもひろば」の活動を実施してきました。5月13日までの「こどもひろば」の利用者は、のべ約2,100人に上りました。また、学校再開後の5月16日から、益城町の全公立小中学校において、簡易給食の補食支援のほか、防災ずきん等、防災用品の配布も始めました。
詳しくは以下のページをご覧ください。

東日本大震災復興支援

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは震災直後から緊急支援を開始し、岩手・宮城・福島の3県で子どもたちの声を聴きながら復興支援を行ってきました。多岐にわたる活動でこれまでのべ約188万人に支援を届けることができました。2015年度をもって5ヵ年計画が完了しましたが、一部の事業を継続するとともに、活動が現地に根付くようフォローアップを続けていきます。

子どもの保護

子どもが安心・安全に遊び、学び、成長できる「場」をさらに拡充するための支援を継続しています。

教育

子どもが健康で安心して学べる環境づくりの向上と、新しい学習機会へのアクセスのサポートをしています。

子どもにやさしい地域づくり

地域の一員である子どもたち自身が、地域の復興に向け声をあげ、社会に参加できるように、サポートしています。

コミュニティ・イニシアチブ

地域の方々が主役となって子ども支援を推進できるように、現地NPOの活動と組織強化への支援を行っています。

防災(災害リスク軽減)

子どもを中心とする防災を推進し、災害リスクを軽減することを目指しています。

福島

震災・原発事故で変わってしまった環境の中で生きる子どもたちをサポートしています。

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(20)】 ファシリテーター養成講座のご報告(福島市・郡山市)〜より多くの福島の子どもたちに放射能リテラシーハンドブック『みらいへのとびら』とワークショップを普及するために〜

セーブ・ザ・チルドレンは、主に10歳から15歳までの子どもを対象にした放射能リテラシーハンドブック『みらいへのとびら』を作成し、福島県内の子どもたちへの普及に努…

続きを読む

活動テーマ別:
防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(20)】 ファシリテーター養成講座のご報告(福島市・郡山市)〜より多くの福島の子どもたちに放射能リテラシーハンドブック『みらいへのとびら』とワークショップを普及するために〜」イメージ

【各国活動】

【4/8(土)参加者募集】神戸から発信!東日本大震災・熊本地震を経験した子どもたちの声

阪神・淡路大震災から22年、東日本大震災から6年、そして熊本地震から1年。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、東日本大震災や熊本地震で被災した子どもたちの声を、…

続きを読む

「【4/8(土)参加者募集】神戸から発信!東日本大震災・熊本地震を経験した子どもたちの声」イメージ

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP