【貧困、不十分な栄養、衛生環境が引き起こすこと】

水を飲むジャニスさん。母親は「1年前、この子はとても弱っていて、自分で食べたり飲んだりできませんでした」と語ります。 セーブ・ザ・チルドレンと現地のヘルス・ワーカーが連携し、適切なケアや栄養のある食事が提供されたことにより、ジャニスさんの状態は著しく改善し、以前より元気に動けるようになりました。貧困、不十分な栄養、衛生環境などにより世界でも子どもの発育阻害の割合が高いフィリピンでは、300万人以上の子どもが発育阻害に陥っています。セーブ・ザ・チルドレンは、栄養不良の子どもたちへの直接的な支援だけではなく、子どもや親への衛生に関する研修、妊婦や授乳中の母親への栄養改善や母乳育児の推進など、家族や地域社会と協力しながら、栄養不良の根本的な解決を目指して活動を行っています。 

水を飲むジャニスさん。母親は「1年前、この子はとても弱っていて、自分で食べたり飲んだりできませんでした」と語ります。 セーブ・ザ・チルドレンと現地のヘルス・ワーカーが連携し、適切なケアや栄養のある食事が提供されたことにより、ジャニスさんの状態は著しく改善し、以前より元気に動けるようになりました。貧困、不十分な栄養、衛生環境などにより世界でも子どもの発育阻害の割合が高いフィリピンでは、300万人以上の子どもが発育阻害に陥っています。セーブ・ザ・チルドレンは、栄養不良の子どもたちへの直接的な支援だけではなく、子どもや親への衛生に関する研修、妊婦や授乳中の母親への栄養改善や母乳育児の推進など、家族や地域社会と協力しながら、栄養不良の根本的な解決を目指して活動を行っています。 

 

 

あなたの支援が子どもたちの今と未来を支えます。

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的にアニュアルレポートや会報誌をお送りしています。

あなたのご支援でできること

例えば月1,500円で…

重度栄養不良の子どもに42人に栄養治療食を提供できます。

重度栄養不良の子どもに42人に栄養治療食を提供できます。

例えば月3,000円で…

難民の3家族(7人家族)に冬を越すための防寒キットを提供できます。

難民の3家族(7人家族)に冬を越すための防寒キットを提供できます。

例えば月5,000円で…

11人の子どもに1学期分の教科書と筆記用具を提供できます。

 

11人の子どもに1学期分の教科書と筆記用具を提供できます。

 

日本と世界の子どもたちのための支援活動

【世界の子どもの9人に1人が紛争地帯で暮らしています

シリアやイラク、南スーダンなどで長引く紛争。空爆などの恐怖や不安にさらされ、イラクのアイシャさん(トップ画像)のように、子どもたちの心理面への影響が深刻です。セーブ・ザ・チルドレンは、物資による支援だけでなく、子どもが安心・安全に過ごせる「こどもひろば」の運営や、絵や音楽を通じた癒しのプログラムなどを通じて、紛争下の子どもたちを支えています。

【世界の子どもの9人に1人が紛争地帯で暮らしています

シリアやイラク、南スーダンなどで長引く紛争。空爆などの恐怖や不安にさらされ、イラクのアイシャさん(トップ画像)のように、子どもたちの心理面への影響が深刻です。セーブ・ザ・チルドレンは、物資による支援だけでなく、子どもが安心・安全に過ごせる「こどもひろば」の運営や、絵や音楽を通じた癒しのプログラムなどを通じて、紛争下の子どもたちを支えています。

 

【学校に通えない、1億2,500万人の子どもたち

今世界では、約1億2,500万人の子どもたちが小中学校に通えていません。セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもたちが教育を受けられるよう支援するとともに、読み書き計算能力の向上や先生への研修など、教育の質の向上を目指した活動を行っています。写真は、ミャンマーからの難民のための小学校。紛争の影響を受けた子どもたちへの教育支援にも力を入れています。

【学校に通えない、1億2,500万人の子どもたち

今世界では、約1億2,500万人の子どもたちが小中学校に通えていません。セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもたちが教育を受けられるよう支援するとともに、読み書き計算能力の向上や先生への研修など、教育の質の向上を目指した活動を行っています。写真は、ミャンマーからの難民のための小学校。紛争の影響を受けた子どもたちへの教育支援にも力を入れています。

 

 

【7人に1人-、日本の子どもの貧困

2017年に発表された日本の子どもの相対的貧困率は、13.9%。7人に1人の子どもが相対的に貧困な状態にあります。環境や家計に左右されずに、すべての子どもが成長や学びの機会を持てるように-。セーブ・ザ・チルドレンは、給付金などを通して直接支援を届けるとと同時に、子どもの貧困対策の充実に向け、行政への働きかけを行っています。

【7人に1人-、日本の子どもの貧困

2017年に発表された日本の子どもの相対的貧困率は、13.9%。7人に1人の子どもが相対的に貧困な状態にあります。環境や家計に左右されずに、すべての子どもが成長や学びの機会を持てるように-。セーブ・ザ・チルドレンは、給付金などを通して直接支援を届けるとと同時に、子どもの貧困対策の充実に向け、行政への働きかけを行っています。

 

【税の控除を受けることができます】

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは内閣府より認定を受けた公益社団法人です。当法人への寄付は一定の要件のもと、確定申告をすることで所得税の控除を受けることができます。

【税の控除を受けることができます】

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは内閣府より認定を受けた公益社団法人です。当法人への寄付は一定の要件のもと、確定申告をすることで所得税の控除を受けることができます。

例えば、1日50円(月1,500円)を1年間ご支援いただくと、6,400円が戻ります。

あなたの支援が子どもたちの今と未来を支えます。

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的にアニュアルレポートや会報誌をお送りしています。