干ばつと激しい紛争により、東アフリカやイエメン、ナイジェリアにおいて、子ども140万人が差し迫った飢餓の危機的状況に直面しています。

さまざまな要因がこの状況を引き起こしていますが、子どもたちはただ、飢餓の危機に直面しながら、必死で生き延びようとしているのです。

2月には、南スーダンの一部で飢饉(ききん)が宣言されました。国連は、ソマリアとナイジェリア、イエメンも飢饉発生の瀬戸際にあると警鐘を鳴らします。セーブ・ザ・チルドレンは、2011年に発生し、ソマリアで25万人が犠牲になった飢饉よりも状況が悪化する可能性もあると警告します。

世界は、飢えに苦しむ子どもたちに背を向け続けていますが、私たちが行動を起こし、子どもたちの命を救うための時間はまだ残されています。

【セーブ・ザ・チルドレンによる支援活動】
セーブ・ザ・チルドレンは、今この瞬間も、現場で、命の危機に瀕している子どもたちの命を守るために活動を行っています。特に5歳未満の幼い子どもたちは、急性栄養不良の状態を持ちこたえるための体力がなく、はしかやマラリア、コレラなどにも感染しやすいため、最も脆弱です。セーブ・ザ・チルドレンは、子どもたちの栄養状態の検査を行い、栄養不良の子どもたちに専門の保健センターでの治療を提供すると同時に、栄養支援プログラムを実施しています。 

ご寄付はこちらから

■例えば500円×1口で、子ども1人に栄養ある食事を5回提供できます。
■例えば500円×10口で、栄養不良の子ども2人に1ヶ月間、栄養治療食を提供できます。

ゆうちょ銀行からのご寄付はこちら

 

各国の状況

【ソマリアからの報告】

現場にいる私たちは、事態がギリギリの状態にあると見ています。栄養不良の深刻な悪化が、飢饉が間近に迫っていることを告げています

セーブ・ザ・チルドレン ソマリア事務所代表ハッサン・サアディ・ノーア

 

ソマリアの状況は急速に悪化しています。ソマリアにおける栄養部門のクラスター(支援調整組織)は、迅速な支援がなければ、栄養不良で苦しむ子どもは、今年中に94万4,000人(うち重度は18万5,000人)に上ると予測しています。現場からの報告によると、数日間何も食べずに過ごしている子どもたちや家族がおり、また、生き残っている家畜を何とか生かしておくために、段ボールを餌として与えています。

【南スーダンからの報告】

数えきれないほどの命を救う時間はまだ残されていますが、それには国際社会による、更なる資金拠出が迅速に行われなければなりません。対応の遅れは、干ばつと紛争の影響を受けたコミュニティ全域に、大参事と命の犠牲をまねくことになるでしょう

セーブ・ザ・チルドレン 南スーダン事務所代表ピート・ウォルシュ

 

南スーダンの一部では飢饉が宣言され、100万人の子どもが栄養不良と飢餓の危機に直面しています。国内紛争と人々の大規模避難という最悪の状況が重なり、南スーダン10州にわたり、わずかな備蓄も予備の食料もない状況に陥っています。3年以上におよぶ激しい紛争により、人々はもはや、これ以上の危機に耐えられなくなっています。

【ナイジェリアからの報告】

子どもたちは、絶望的な状態に暮らし、そして深刻な栄養不良に直面しています。子どもたちの中には、栄養不良に陥るのが今回で二度目や三度目のケースもあり、そうした子どもたちの免疫システムはひどく衰弱しています。私たちには、この危機に効果的に対応するための必要な物資や資金といったものがありません」

セーブ・ザ・チルドレン ナイジェリア事務所代表ベン・フット

 

ナイジェリアの子どもたちは、7年におよぶ紛争と暴力の重い代償を払っています。100万人の子どもが自宅や学校を追われ、避難を余儀なくされています。しかし、収容人数を大幅に超えた避難民キャンプや、許容限度が限界に達した受け入れコミュニティで、飢餓や病気に苦しんでいます。

【イエメンからの報告】

「飢饉発生の瀬戸際にあるイエメンでは、壊滅的な食料不足が悪化の一途をたどっています。物資の不足、物価の上昇、貧困の拡大により、日に日に、より多くの子どもとその家族が重度の栄養不良に陥る危険にさらされています」

セーブ・ザ・チルドレン イエメン事務所副代表グラント・プリチャード

 

イエメンは、世界最大の食料危機に直面しています。総人口の62%に当たる1,710万人が食料支援を必要としています。2年にわたる紛争は、イエメン経済の崩壊と海上輸送上の制約をもたらし、730万人が深刻な食料不足の状況で、次の食料調達のめども立たない状況です。子どもと妊産婦、授乳中の母親あわせて450万人が栄養不良の治療あるいは予防のための支援を必要としています。


ご寄付はこちらから

■例えば500円×1口で、子ども1人に栄養ある食事を5回提供できます。
■例えば500円×10口で、栄養不良の子ども2人に1ヶ月間、栄養治療食を提供できます。

ゆうちょ銀行からのご寄付はこちら