【インドネシア・スラウェシ島】地震・津波により甚大な被害を受けた地域へさらなる緊急支援(2018.10.7)

 

2018年10月7日、セーブ・ザ・チルドレンは、パートナー団体(Yayasan Sayangi Tunas Cilik : YSTC)を通じて、地震と津波で大きな被害を受けたインドネシア・スラウェシ島に暮らす数百家族へ衛生用品キットシェルターキット水の支援を行いました。これまでに衛生用品500セット以上を被災した家族へ届けたほか、今後数週間にわたり、毎日支援物資の配布を予定しています。くわえて、家族が生活再建に向けた情報提供を受けている間、子どもたちが心理社会的支援を受けたり、安心・安全に過ごすことができる空間「こどもひろば」3ヶ所の開設を進めています。
さらに、家族と離ればなれになった親や子どもたちが行方不明者の情報を申請することができる登録センターを開設しています。家族と離ればなれになった子どもたちは、家族を探している間、安全が確保されたシェルターで避難生活を送ります。
今後も物資配布のほか、仮設トイレの設置保健医療の専門家の派遣も予定しています。

2018年10月7日、セーブ・ザ・チルドレンは、パートナー団体(Yayasan Sayangi Tunas Cilik : YSTC)を通じて、地震と津波で大きな被害を受けたインドネシア・スラウェシ島に暮らす数百家族へ衛生用品キットシェルターキット水の支援を行いました。これまでに衛生用品500セット以上を被災した家族へ届けたほか、今後数週間にわたり、毎日支援物資の配布を予定しています。くわえて、家族が生活再建に向けた情報提供を受けている間、子どもたちが心理社会的支援を受けたり、安心・安全に過ごすことができる空間「こどもひろば」3ヶ所の開設を進めています。
さらに、家族と離ればなれになった親や子どもたちが行方不明者の情報を申請することができる登録センターを開設しています。家族と離ればなれになった子どもたちは、家族を探している間、安全が確保されたシェルターで避難生活を送ります。
今後も物資配布のほか、仮設トイレの設置保健医療の専門家の派遣も予定しています。

地震・津波の被災地へ緊急支援物資を届ける-子ども4万6,000人以上が緊急支援を必要(2018.10.5)
9月28日にインドネシア・スラウェシ島で地震と津波が発生してから、10月5日で、1週間が経過しました。被災地では、数百人の子どもたちを含む1,400人以上が犠牲になり、6万5,000戸以上の家屋が倒壊しました。国連によると、4万6,000人以上の子どもたちが緊急支援を必要としています。

地震・津波の被災地へ緊急支援物資を届ける-子ども4万6,000人以上が緊急支援を必要(2018.10.5)
9月28日にインドネシア・スラウェシ島で地震と津波が発生してから、10月5日で、1週間が経過しました。被災地では、数百人の子どもたちを含む1,400人以上が犠牲になり、6万5,000戸以上の家屋が倒壊しました。国連によると、4万6,000人以上の子どもたちが緊急支援を必要としています。

 

セーブ・ザ・チルドレンは、地元のパートナー団体(Yayasan Sayangi Tunas Cilik (YSTC))を通じて支援活動を開始し、最も大きな被害があったパル市へ軍用機で緊急支援物資を運び、緊急支援を必要としている子どもたちとその家族へシェルターキットと衛生用品キット800セットを配布しています。また、6日にも再び空路による物資の輸送と配布を予定しています。さらに、陸路からもシェルターや衛生用品、「こどもひろば」や仮設学習スペース設置に必要な物資1,000セットを輸送中です。

 

セーブ・ザ・チルドレンは 、緊急人道支援の最前線で、緊急医療・保健サービス、食糧や緊急援助物資、安全な水や衛生環境、一時的な住居、緊急時の教育、こころのケアなどを提供し、多くの子どもたちやその家族のいのち(命)とみらい(未来)を守るために活動しています。

セーブ・ザ・チルドレンは 、緊急人道支援の最前線で、緊急医療・保健サービス、食糧や緊急援助物資、安全な水や衛生環境、一時的な住居、緊急時の教育、こころのケアなどを提供し、多くの子どもたちやその家族のいのち(命)とみらい(未来)を守るために活動しています。

緊急事態は、いつ・どこで・どのくらいの規模で起こるかわかりません。そして、緊急事態への対応は時間との戦いです。緊急事態が発生し、多くの方々の注目を集めるようになってから活動資金を調達するのでは迅速な初動対応に間に合わないこともあります。

 

セーブ・ザ・チルドレン「いのち・みらい貯金箱」は、迅速に支援を開始し、最も支援を必要とする方々に、適切な支援を行うことで、災害などによって損なわれやすい子どもたちのいのちとみらいを守るための基金です。

また、自然災害や人道危機にさらされた子どもたちや地域社会の人々が日常を取り戻せるまでは、一時的ではない長期的な支援も必要になります。継続支援はこちらから承っております。

  

自然災害や人道危機の緊急事態に対応するため
みなさまのご支援をお願いいたします。

クレジットカードで申し込む

クレジットカードまたはコンビニエンスストアがご利用いただけます。

※大変申し訳ございませんが、現在コンビニエンスストアではご利用いただけません。

※ お電話でもお申込みいただけます。
  フリーダイヤル:0120-317-502  (平日9:30~18:00)

ご寄付はこちら
ゆうちょ銀行からの寄付
口座番号:
00190-8-791030
加入者名:
いのち・みらい貯金箱

※ 備考欄に「いのち・みらい貯金箱」とご記入ください。
※ 振込手数料はご負担をお願いしております。
※ 領収証ご希望の方は、振込用紙通信欄にその旨ご記入ください。

緊急人道支援に対するセーブ・ザ・チルドレンの活動

【西日本豪雨緊急支援】

2018年7月に西日本を襲った豪雨による被害を受け、セーブ・ザ・チルドレンは岡山県倉敷市を中心に緊急支援を行っています。これまでに「子どものための心理的応急処置」の周知活動や、子どもたちが安心・安全に過ごせる「こどもひろば」の実施、岡山県による「被災地域の子どもの安全・安心な居場所」の運営協力などを実施してきました。

【西日本豪雨緊急支援】

2018年7月に西日本を襲った豪雨による被害を受け、セーブ・ザ・チルドレンは岡山県倉敷市を中心に緊急支援を行っています。これまでに「子どものための心理的応急処置」の周知活動や、子どもたちが安心・安全に過ごせる「こどもひろば」の実施、岡山県による「被災地域の子どもの安全・安心な居場所」の運営協力などを実施してきました。

新学期を迎えた9月以降は、運動着や通学バッグ、鍵盤ハーモニカをはじめとした学用品の提供を行い、子どもたちやその家族を支えています。

 

【ベトナム 洪水被害緊急対応】

ベトナムでは、2017年8月から10月にかけての記録的な豪雨や台風により甚大な被害が発生しています。

【ベトナム 洪水被害緊急対応】

ベトナムでは、2017年8月から10月にかけての記録的な豪雨や台風により甚大な被害が発生しています。

過去70年間で最悪の洪水被害に見舞われた地域では、9人の子どもを含む33人が死亡し、家屋280棟が全壊もしくは洪水で流されました。大型の台風が直撃した中北部地域では、19万棟以上の家屋が影響を受け(うち全壊819棟)、なかでも特に貧しい世帯への影響は大きく、家屋が洪水被害を受けた世帯の6割が生活用品を失ってしまいました。教育現場への被害も甚大で、約25校が被災し、教室15部屋は完全に破壊されてしまいました。

セーブ・ザ・チルドレンは、これまでベトナム政府や他の関連機関と連携のもと、特に被害の大きかった地域の学校施設の被害状況を調査し、生徒たちの文房具を含む教育キットを1,250セット配布したほか、トイレ設備と手洗い施設を整備しました。

【九州北部豪雨】

2017年7月に福岡県・大分県を中心とする地域で甚大な被害が発生した九州北部豪雨に対し、セーブ・ザ・チルドレンは災害発生直後から、緊急支援物資の配布や、避難所での「こどもひろば」を実施。また、保育所等へエアコンをはじめとした備品を提供するほか、被災した中高生に学校生活や進学・就職に向けた準備のための給付金を提供し、今年2月までにのべ1,273人に支援を届けることができました。写真は「こどもひろば」の様子です。

【九州北部豪雨】

2017年7月に福岡県・大分県を中心とする地域で甚大な被害が発生した九州北部豪雨に対し、セーブ・ザ・チルドレンは災害発生直後から、緊急支援物資の配布や、避難所での「こどもひろば」を実施。また、保育所等へエアコンをはじめとした備品を提供するほか、被災した中高生に学校生活や進学・就職に向けた準備のための給付金を提供し、今年2月までにのべ1,273人に支援を届けることができました。写真は「こどもひろば」の様子です。

【シリア・東グータ地区へ支援物資を】

セーブ・ザ・チルドレンのパートナー団体は、包囲下にある東グータ地区の数百人へ、毛布、靴下、下着、毛糸の帽子やマフラーを届けることができました。しかし、東グータ地区は、過去2週間の間に600人以上が犠牲になるなど、引き続き悲惨な状況です。

【シリア・東グータ地区へ支援物資を】

セーブ・ザ・チルドレンのパートナー団体は、包囲下にある東グータ地区の数百人へ、毛布、靴下、下着、毛糸の帽子やマフラーを届けることができました。しかし、東グータ地区は、過去2週間の間に600人以上が犠牲になるなど、引き続き悲惨な状況です。

 セーブ・ザ・チルドレンはパートナー団体を通して、引き続き東グータ地区の子どもたちとその家族へ、防寒に必要な物資や、衛生用品、食料や栄養支援を提供する準備を進めています。

 

セーブ・ザ・チルドレン「いのち・ みらい貯金箱」は、みなさまからのご支援を常時受け付けております。

みなさまからのご寄付により、いつ・どこで起こるかわからない緊急時にそなえることができます。

セーブ・ザ・チルドレン「いのち・ みらい貯金箱」は、みなさまからのご支援を常時受け付けております。

みなさまからのご寄付により、いつ・どこで起こるかわからない緊急時にそなえることができます。

*「いのち・みらい貯金箱」による活動成果等は、定期的に報告させていただきます

 

●いのち・みらい貯金箱を通じての支援活動報告

2017年4月~6月までの活動報告
2017年1月~3月までの活動報告
2016年10月~12月までの活動報告
2016年7月~9月までの活動報告
2016年4月~6月までの活動報告
2016年1月~3月までの活動報告

2015年10月~12月までの活動報告
2015年7月~9月までの活動報告
2015年4月~6月までの活動報告

ご寄付の方法

クレジットカードで申し込む

クレジットカードまたはコンビニエンスストアがご利用いただけます。

※大変申し訳ございませんが、現在コンビニエンスストアではご利用いただけません。

※ お電話でもお申込みいただけます。
  フリーダイヤル:0120-317-502  (平日9:30~18:00)

ご寄付はこちら
ゆうちょ銀行からの寄付
口座番号:
00190-8-791030
加入者名:
いのち・みらい貯金箱

※ 備考欄に「いのち・みらい貯金箱」とご記入ください。
※ 振込手数料はご負担をお願いしております。
※ 領収証ご希望の方は、振込用紙通信欄にその旨ご記入ください。