バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプでは、本格的なモンスーン期が到来。

ロヒンギャ難民の子どもたちとその家族が安心して過ごせるよう、私たちの支援活動のために、皆さまのご寄付をよろしくお願いいたします。

ロヒンギャ難民の子どもたちとその家族が安心して過ごせるよう、私たちの支援活動のために、皆さまのご寄付をよろしくお願いいたします。

 

80万人以上のロヒンギャ難民が避難生活を送るバングラデシュ南東部コックスバザールでは、6月から本格的なモンスーン期に突入し、今年最大の嵐が直撃しました。豪雨と強風が難民キャンプを襲い、仮設住居は洪水による浸水や土砂崩れに襲われ、人々は、崩壊した仮設住宅の再建に早急に取り掛かっています。

 

80万人以上のロヒンギャ難民が避難生活を送るバングラデシュ南東部コックスバザールでは、6月から本格的なモンスーン期に突入し、今年最大の嵐が直撃しました。豪雨と強風が難民キャンプを襲い、仮設住居は洪水による浸水や土砂崩れに襲われ、人々は、崩壊した仮設住宅の再建に早急に取り掛かっています。

 

本格的なモンスーン期となる6月から8月にかけて、コックスバザールには、2,500ミリ以上の雨が降ると予想されています。

 

 

 【水汚染の影響を受ける子どもとその家族たち】
―マジュマさんと1歳半の息子ラフマトさん親子― (右記写真)

 【水汚染の影響を受ける子どもとその家族たち】
―マジュマさんと1歳半の息子ラフマトさん親子― (右記写真)

 

マジュマさんは、1歳半の息子ラフマトさんを連れ、空腹と極限の疲労の中、5日間かけてミャンマーの国境を越え、バングラデシュ・コックスバザールの難民キャンプへ避難してきました。
もうすぐやってくるモンスーン期による激しい雨は、難民キャンプの衛生環境を悪化させ、子どもたちが飲む水も汚染される恐れがあります。ラフマトさんは既に幼い子どもの命を脅かす下痢と熱に苦しんでいます。安全な水と薬がない環境では、コレラなど、汚染された水や食料を摂取することにより感染する病気が、ラフマトさんのような幼く、免疫力の弱い子どもたちの命を数日で奪ってしまいます。

 

 

モンスーン到来に向けてのセーブ・ザ・チルドレンの支援活動

モンスーン到来に向けてのセーブ・ザ・チルドレンの支援活動

 

・脆弱な仮設住居に対して、補修キットの配布、排水の整備、橋の設置、地すべり防止工事など生活の基盤となるインフラの増強
・豪雨で家族とはぐれてしまった時のための子どもたちへの身元確認ブレスレットの提供と説明会の開催。
・多くのヘルスポスト(簡易的な診療施設)や「こどもひろば」を移動式化し、雨で移動が制限される子どもたちやその家族も支援を受けられるように対応。

【ロヒンギャ難民キャンプ】現地スタッフからのメッセージ


本格的なモンスーン期に入り、子どもたちへの影響が懸念されます。
皆さまからのご支援を必要とするロヒンギャ難民の子どもたちがいます。

【ロヒンギャ難民キャンプ】現地スタッフからのメッセージ


本格的なモンスーン期に入り、子どもたちへの影響が懸念されます。
皆さまからのご支援を必要とするロヒンギャ難民の子どもたちがいます。

※動画は5月に撮影され、6月現在、本格的なモンスーン期に突入しています。

募金にご協力ください

クレジットカードで申し込む

クレジットカードまたはコンビニエンスストアがご利用いただけます。

ご寄付はこちら
ゆうちょ銀行からの寄付
口座番号:
00900-1-120760
加入者名:
セーブ・ザ・チルドレン子ども基金

※ 振込手数料は無料です。ただし、この口座を通じてお振込みいただく場合には、必ずゆうちょ銀行(旧郵便局)窓口で手続きをし、振込手数料が無料の口座であることをお申し出ください

※ 領収証ご希望の方は、振込用紙通信欄にその旨ご記入ください。

みなさまのご支援でできること

例えば約5,000円で…

1家族に1ヵ月間、水をきれいにする錠剤を提供できます。

1家族に1ヵ月間、水をきれいにする錠剤を提供できます。

例えば約10,000円で…

防水シートやロープなどの緊急時のシェルターキットを4セット提供できます。

防水シートやロープなどの緊急時のシェルターキットを4セット提供できます。

例えば約30,000円で…

18家族に、バケツ・タオル・石鹸・シャンプー・洗濯石鹸などの衛生キットを提供できます。

18家族に、バケツ・タオル・石鹸・シャンプー・洗濯石鹸などの衛生キットを提供できます。

 

子どもを誰ひとり取り残さない。-セーブ・ザ・チルドレンの支援活動-

 

シリア危機-シリア国内と周辺国での支援

 

2011年3月に始まったシリア危機。2017年までに540万人以上がシリアから国外へ逃れ、600万人以上が国内で避難生活を送っています。この紛争の影響を受けた子どもたちやその家族に対し、セーブ・ザ・チルドレンは、緊急支援物資の提供や教育、子どもの保護などさまざまな面で支援を行っています。2017年までにシリア国内、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプト、トルコで4,228,070人(うち、子ども2,774,823人)に支援を届けました。

シリア危機-シリア国内と周辺国での支援

 

2011年3月に始まったシリア危機。2017年までに540万人以上がシリアから国外へ逃れ、600万人以上が国内で避難生活を送っています。この紛争の影響を受けた子どもたちやその家族に対し、セーブ・ザ・チルドレンは、緊急支援物資の提供や教育、子どもの保護などさまざまな面で支援を行っています。2017年までにシリア国内、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプト、トルコで4,228,070人(うち、子ども2,774,823人)に支援を届けました。

イエメン-人道危機下の子どもたちへの支援

 

 長年にわたる貧困や情勢不安が続いていたイエメンにおいて、2015年に武力衝突が激化し、全土が大規模な人道危機に陥りました。食料危機に加え、コレラやジフテリアも流行し、2017年には人道支援を必要とする人は人口の訳8割に当たる2,070万人におよび、うち子どもは1,130万人に上りました。セーブ・ザ・チルドレンは2017年、栄養不良の子どもたちの治療など、78万人の子どもを含む152万人の人々へ支援を届けました。

イエメン-人道危機下の子どもたちへの支援

 

 長年にわたる貧困や情勢不安が続いていたイエメンにおいて、2015年に武力衝突が激化し、全土が大規模な人道危機に陥りました。食料危機に加え、コレラやジフテリアも流行し、2017年には人道支援を必要とする人は人口の訳8割に当たる2,070万人におよび、うち子どもは1,130万人に上りました。セーブ・ザ・チルドレンは2017年、栄養不良の子どもたちの治療など、78万人の子どもを含む152万人の人々へ支援を届けました。

 

 

国内事業-子ども虐待の予防
すべての子どもが健やかに成長できる社会を目指して。
罰によらない子育てを普及しています。

国内事業-子ども虐待の予防
すべての子どもが健やかに成長できる社会を目指して。
罰によらない子育てを普及しています。

たたいたり、怒鳴ったりといった体罰等を使わずに子どもと向き合い、日々の課題を解決する子育てを伝える講座を行っています。2017年は、のべ400名が学びました。

【税の控除を受けることができます】

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは内閣府より認定を受けた公益社団法人です。当法人への寄付は一定の要件のもと、確定申告をすることで所得税の控除を受けることができます。

【税の控除を受けることができます】

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは内閣府より認定を受けた公益社団法人です。当法人への寄付は一定の要件のもと、確定申告をすることで所得税の控除を受けることができます。

クレジットカードで申し込む

クレジットカードまたはコンビニエンスストアがご利用いただけます。

ご寄付はこちら
ゆうちょ銀行からの寄付
口座番号:
00900-1-120760
加入者名:
セーブ・ザ・チルドレン子ども基金

※ 振込手数料は無料です。ただし、この口座を通じてお振込みいただく場合には、必ずゆうちょ銀行(旧郵便局)窓口で手続きをし、振込手数料が無料の口座であることをお申し出ください

※ 領収証ご希望の方は、振込用紙通信欄にその旨ご記入ください。