ソニー・サイエンスプログラム

未来を生きる子どもたちへ、未来を担う東日本の子どもたちへ、科学のチカラを届けます。

ソニーの科学教育支援における社会貢献活動への志は、創業者、井深大が起草した設立趣意書に記され、50年以上たった現在でも世界中で受け継がれています。

今日では、ソニーの技術やコンテンツを生かした独自の工作や実験形式のプログラムを実施。ソニーの社員が講師やスタッフとなり、子どもたちに「ものづくり」の楽しさや科学の原理をわかりやすく伝えます。


また、体験型サイエンス・ミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、オリジナルの3D映像や企画展など、最新の科学技術を通じて科学のに対する興味を促し、好奇心や創造性を育む機会を提供しています。東日本大震災の被災地へも赴き、学校や学童等で出張ワークショップを実施しています。これからも東日本をはじめとする世界中の子どもたちに、科学を体験する場を展開していきます。

活動報告