夢実現プロジェクト 現地レポート

のマークがあるものは、子どもリポーター・プロジェクトによる現地レポートです。

大曲ドリームズ野球スポーツ少年団

2012/09/01 ☆参加チームにインタビュー☆

今年は23チームの仲間が参加してくれました

主将阿部壮汰 感謝の心と最後まで諦めない気持ち

大塩野球クラブのみんなにインタビュー

蛇田イーグルスの6年生にインタビュー

みんなでピッチャーを盛上げて!野球を楽しも〜

なかまの帰りをお見送り…「ありがとうございました」

私達は野球を通してたくさんの仲間と出会い、大好きな野球が出来る事に感謝しています。
どのチームにも負けない“チームワーク”と「自分たちの野球で勝つ」事を目標に頑張っています。ドリームズ杯で優勝してとても嬉しかったです。
震災の時、全国から沢山の支援と温かい言葉を頂き、僕達は野球を続ける事が出来ました。本当にありがとうございました。

レポーターになってみて

蛇田イーグルスの6年生と大塩野球クラブの皆さんに「今日の試合の意気込み」を聞きました。蛇田イーグルスの選手は「優勝めざして頑張りたいです」大塩野球クラブの選手は「みんなで力を合わせて頑張ります」と言っていました。他に、練習の時に力を入れている事等を聞いたりしました。
リポーターになってみて、始めは恥ずかしかったけど、色々な話ができて楽しかったです。

【子どもリポーターのご紹介】大曲ドリームズのみなさん(写真と文章)

【団体のご紹介】宮城県東松島市で活動している大曲ドリームズ野球スポーツ少年団は、震災の前から「大曲ドリームズ親善野球大会」を開催してきました。地域の人から応援されて運営していたこの大会ですが、震災後、運営の負担を減らすため、夢実現プロジェクトが活用されました。開会式や選手宣誓、閉会式の挨拶まで、マイクを持つのは全て子ども達です。子ども達全員が主役になり、つくりあげていくこの大会で、大曲ドリームズは今年度初優勝を飾りました。試合の途中、逆転されても諦めずに試合を戦ったチームのメンバー達が、子どもリポーターにも挑戦してくれました。