トップページ > スタッフブログ > EVERY ONE > キャンペーンにたくさんのご参加ありがとうございました!(2013.11.01)

EVERY ONE
(公開日:2013.11.01)

キャンペーンにたくさんのご参加ありがとうございました!(2013.11.01)

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、10月を5歳未満の子どもの死亡率削減を目指すグローバルキャンペーン「EVERY ONE」の強化月間とし、グローバルパートナーであるユニリーバのご支援を得て、フェイスブック上でのクリック募金をはじめ、グローバルフェスタへの出展、中学校での講演などの啓発活動を展開しました。また、これらの活動で集めたメッセージおよび要望書を子どもたちとともに日本政府に提出し、国連ミレニアム開発目標の4番目のゴール(MDG4)達成に向けて、2015年の達成期限までわずか2年を切ったことについて関心を喚起し、日本政府をはじめとする各国政府による支援の強化を求めました。

1.新しくなったEVERY ONEサイト
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのEVERY ONEサイトを大幅刷新し、乳幼児死亡を削減するための私たちの取り組みや、セーブ・ザ・チルドレンが発行している報告書に、よりアクセスしやすくしました。

2.フェイスブック「いいね!」ワンクリック募金
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの公式フェイスブック上で、期間中、EVERY ONEに関連する記事に対して「いいね!」ボタンを押すと、グローバルパートナーであるユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社より、1クリック55円がSCJへ寄付されるキャンペーンを行いました。多くの方にご賛同いただいたおかげで、10月21日に目標の1万クリックを達成することができました。いただいた募金は、子どもたちの命を守る活動に生かされます。

3.グローバルフェスタ2013へのブース出展 (10月5日、6日)
EVERY ONEについて一般の方に広く知っていただくため、グローバルフェスタでブースを出展しました。スタッフによるMDG4に関する説明、キャンペーンビデオの上映、パネル展示、ワークショップなどを行いました。また、「すべての子どもが5歳の誕生日を迎えられるように必要なこと」と題して、来場者からメッセージをいただきました。2日間で約200名の方にブースを訪れていただき、159通のメッセージを集めることができました。


4.砧中学校講演会「Let’s 5(ゴー) ! すべての子どもに5歳の誕生日を」(10月12日)
世界の乳幼児死亡の現状とMDG4達成の重要性について、東京都世田谷区立砧中学校の一年生約170名に対して、講演を行いました。また、重度の栄養不良のため生後3ヶ月でわずか1,700gという体重でクリニックに運ばれてきたケニアのウミちゃんのお話を紹介し、「命のレース:ウミちゃんを救え」として、各クラスの保健係の生徒さんに1名ずつ出てもらい、1,700gのウミちゃんのお人形を大切にかつ迅速に地域のクリニックまで運ぶリレーを行いました。


5.新報告書の発表(10月23日)
「命の境界線:予防可能な子どもの死をなくすために(Lives on the Line: An Agenda for Ending Preventable Child Deaths)」を発表し、最も貧しい子どもたちに対する乳幼児死亡率削減の取り組みの重要性を強調しました。


6.日本政府へ要望書提出 (10月25日)
砧中学校1年生の有志の生徒さん3名とともに外務省を訪れ、NGO大使の南博地球規模課題担当参事官に新しい報告書、政府への要望書、そして一般の方々からのメッセージをお届けしました。3人の生徒さんからは、短期的、長期的な対策の強化を求める提言がなされました。


キャンペーンへのご参加、本当にありがとうございました。セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもが持つ生きる権利、そして健やかに育つ権利を守る活動を、これからも続けていきます。


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP