トップページ > スタッフブログ > EVERY ONE > 「命を救うラン&タッチ」でEVERY ONEキャンペーン支援(2014.09.17)

EVERY ONE
(公開日:2014.09.17)

「命を救うラン&タッチ」でEVERY ONEキャンペーン支援(2014.09.17)

 
9月13日(土)、EVERY ONEキャンペーンにDeNAが賛同し、DeNAランニングクラブの協力のもと「命を救うラン&タッチ」イベントが開催されました。


イベント会場の幼稚園(東京都・渋谷区)


「ゼロ歳からでも社会貢献ができるランニングイベント」として、0歳から5歳の子どもたちが障害物競走、ヨチヨチ歩き、ハイハイの3つのカテゴリーのいずれかに参加、ゴールに設置されたタブレットのキャラクターにタッチすると1タッチごとに500円がEVERY ONEキャンペーンの5歳未満の子どもたちの命を救う取り組みに寄付される仕組みが設けられました。


参加者全員で記念撮影

EVERY ONEの説明をする政策提言マネージャー堀江由美子


気持ちよい秋晴れの中、DeNAランニングクラブの瀬古利彦総監督のご挨拶、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン政策提言マネージャー堀江由美子によるEVERY ONEキャンペーンの紹介、DeNAランニングクラブの選手のリードによる準備体操の後、いよいよイベントがスタート。それぞれの成長過程に応じた「レース」に参加する子どもたちを、DeNAランニングクラブの選手や保護者のみなさんが見守り、サポートしました。


選手のサポートを受けながら障害物競争に参加する子どもたち


障害物の最後はタブレットの寄付画面を1タッチ。そしてゴール!


ハイハイコースでは瀬古監督の応援を受けてタブレットの寄付画面をタッチ!


休憩所では、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが活動紹介コーナーを設け、動画視聴や栄養治療食の試食などの体験後、すべての子どもが5歳の誕生日を迎えられるために必要なことや、思いをメッセージに託して頂きました。このメッセージは後日、他イベントで集めたメッセージと共に日本政府に提出します。










DeNAランニングクラブの瀬古利彦総監督が書いてくれた力強いメッセージ
「自分たちで出来ることを全力でさせていただきます!子供達の幸せのために」

子どもたちのタッチは105回に達し、75人の子どもの1週間分の栄養治療食相当の寄付額となりました。このイベントの様子は、EVERY ONEキャンペーンの更なる認知拡大を目的とした動画に編集され、10月 20日 より12月下旬(予定)までDeNA、及びセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのYouTubeチャンネルで配信される予定です。

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP