トップページ > スタッフブログ > EVERY ONE > 世界の最も厳しい地域で生き抜く子どもたちによる「スーパーヒーロー 目撃レポート」(2014.10.17)

EVERY ONE
(公開日:2014.10.17)

世界の最も厳しい地域で生き抜く子どもたちによる「スーパーヒーロー 目撃レポート」(2014.10.17)

 


2014年10月
世界各地で目撃されているマスクをしたスーパーヒーローについて取材するドキュメンタリーの撮影隊


「空を飛んでるところを見たよ」


撮影クルー「何を見たのか話してみて」


「雲の間を飛ぶのよ、そして水をくれるの」


「見て、スーパーヒーローだよ」


「雨を降らせてくれたんだ」


「空から飛んできて、子どもを保護してくれたの」


「体が光ってたよ」


「蚊をやっつけてくれたよ」


「空からきて、病気の子どもを抱えてまた飛び去って行ったの」


「スーパーヒーローが来てくれて、わたしの家族に赤ちゃんができたのよ」
「その人は、生まれたばかりの妹を魔法の箱に入れたの」


「ヒーローたちが魔法をかけた土から、とうもろこしが育ったんだ」


撮影クルー「君は何か見たかい?」


すべての子どもにスーパーヒーローが必要です
子どもたちの命を救う私たちの闘いに参加してください



********** 

「その人は、病気の子どもを抱えて飛び去っていった」、「私の妹を魔法の箱に入れたよ」−メキシコ、ケニア、インドの貧困地域の子どもたちの証言に基づき、ジャーナリストたちが後を追うなぞの「スーパーヒーロー」とは?

セーブ・ザ・チルドレンの新しい動画「スーパーヒーロー 目撃レポート」は、ミステリードキュメント仕立ての構成と、子どもたちのリアルな言葉と表情とで、地域のお母さんと子どもに寄り添い、命を守るコミュニティ・ヘルスワーカーの重要性を訴えます。

登場するのは、セーブ・ザ・チルドレンがこれまで支援してきた子どもたち。子どもたちが暮らす実際の環境の中で撮影されました。

極度の貧困が広がる国や地域では、医薬品や訓練を受けたヘルスワーカーが不足しているか、全く存在しない状況に直面し、毎日17,000人という数の5歳未満の子どもたちが、マラリヤや下痢といった、容易に予防出来る病気で、命を落としています。

すべての子どもたちの身近に、基礎的なケアを提供できるヘルスワーカーがいることが必要とされていますが、世界では、700万人のヘルスワーカーが不足しています。ぜひご鑑賞の上、多くの方に「スーパーヒーロー」の話を広めて頂きますよう、お願いいたします!


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP