トップページ > スタッフブログ > EVERY ONE > 村で活躍する10人編成のヘルスケアチーム(2010.07.01)

EVERY ONE
(公開日:2010.07.01)

村で活躍する10人編成のヘルスケアチーム(2010.07.01)

 

ウガンダでは、25人に一人の女性が妊娠中もしくは出産時に命を落とし、毎年44,000人が生まれてわずか1カ月で命を落としています。この20年間で、ウガンダの妊婦と新生児の死亡率削減は進展しているものの、まだ長い道のりです。


幼い弟を抱く少女

幼い弟を抱く少女(撮影:Teri Pengilley)



【ウガンダの子どもたち 基礎情報】




  • 1000人に135人の子どもが5歳を迎える前に死亡している

    ※参考:日本では1,000人に4人が死亡。


  • 25人に1人の確率で、妊娠中、出産時に母親が死亡


  • 出産時の保健従事者の立ち会い率42%


ウガンダには、母子保健に関する多くの施策があるにもかかわらず、それらはうまく普及しておらず、統合的、実践的ではありません。ウガンダのヘルスケアを強化するために、例えば、村に新たにヘルスチームを配置するなど、地域レベルの介入に効果が期待されています。


ヘルスチームは9〜10人で編成され、そのうち少なくとも3人が女性でなくてはなりません。彼らは、コミュニティの中から選ばれ、多くはコミュティのヘルスワーカーとして、組織改革の推進者として、また教育者としての経験を持っています。そして、マラリア治療、小児疾患の管理など、それぞれの役割によってさらなる研修を受けます。


ウガンダの保健省とセーブ・ザ・チルドレン、UNICEFによる最近の分析結果によると、チームのうち1人が、自宅での新生児ケアの研修を積むことが望ましいとされています。


【知っていますか?ウガンダってこんな国】




  • ウガンダの位置【Copyright(C) T-worldatlas All Rights Reserved.】赤道直下の内陸国。平均標高1200mの高原に位置する(首都カンパラは標高1,312m)


  • 人口:3,092万人、

    面積:241,000m2


  • 1人あたりの国民総所得(GNI)370ドル

    *参考:日本は38,980ドル


  • 世界第2位の大きさを誇るビクトリア湖がある


  • 湖が多く、総面積の約 15%が湖や沼沢




ー みなさまのご支援をお願いいたします ー


次回は「ダイヤモンドの国」を取り上げます。


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP