Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/press.php on line 273 Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/press.php on line 274 東北の子どもたちが国連事務総長特別代表(防災担当)と意見交換
トップページ > プレスルーム  > 東北の子どもたちが国連事務総長特別代表(防災担当)と意見交換

(公開日:2015.09.03)
東北の子どもたちが国連事務総長特別代表(防災担当)と意見交換

2015年8月29日、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが支援する岩手・宮城・福島県の子どもたち7名が、国連事務総長特別代表(防災担当)/国連国際防災戦略事務局(UNISDR)ヘッドのマルガレータ・ワストロム氏と対談しました。ワルストロム氏と東北の子どもたちとの対談は、2012年7月、2012年10月、2013年2月・10月 に続き5回目となります。



今回の対談に臨んだのは、岩手県山田町、陸前高田市、宮城県石巻市の子どもまちづくりクラブや防災に関する国際会議の国内事前ワークショップに参加して、震災直後から復興・防災に取り組んできた東北3県の中学1年生〜高校3年生の子どもたち。各地域における活動を発表したり、2011年8月3日に東北の子どもたち37名が復興庁に提出した提言書を紹介したりした後に、一人ひとりの東日本大震災の経験をもとに、国際社会に伝えたいことを発表しました。

ワルストロム氏からは「みなさんの活動が世界中の子どもたちに勇気を与えることでしょう。今年3月に仙台で行われた第3回国連防災世界会議で合意された仙台防災枠組には、その一つの大きな柱として、“build back better”ということが明記されています。復興の過程でより良いまちをつくるということですが、なかなか今まで実例というのがあまりなかったので、ぜひ、みなさんの活動を通じて、より多くの人に知ってもらえたらいいなと思います。だから、みなさんの活動を積極的に発信していってほしいし、国連国際防災戦略事務局でもホームページなどで共有していきたいです」と子どもたちへの力強いメッセージがありました。

東北の子どもたちとワルストロム氏の対談の様子は、以下のブログ参照。
◆東北の子どもたちが国連事務総長特別代表(防災担当)と意見交換!
http://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=2072

以上


【本件に関する問い合わせ先】
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 担当:松永
携帯:080-2568-3144 / メール:matsunaga.yuka@savechildren.or.jp
TEL:03-6859-0011 / FAX:03-6859-0069
URL:http://www.savechildren.or.jp



あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP