トップページ > プレスルーム  > シリア難民の少女の写真を加工したイラストに関する見解とお願い

(公開日:2015.10.08)
シリア難民の少女の写真を加工したイラストに関する見解とお願い

Facebookサイト「はすみとしこの世界」に、シリア難民の少女の写真が加工されたイラストが掲載されました。イラストの元となった写真は、セーブ・ザ・チルドレンの一員であるジョナサン・ハイアムズ が撮影し、写真の著作権はジョナサン・ハイアムズとセーブ・ザ・チルドレンに帰属します。ジョナサン・ハイアムズの申し立てにより、当該イラストは10月7日に削除されました。当該イラストの転載・流用はお控えくださるようお願いいたします。

加工の内容は、被写体である少女の尊厳のみならず、紛争の影響を受け困難な生活を強いられている人々の尊厳を傷つけるもので、深い悲しみと憤りを覚えました。
私たちは子どもの写真を撮る際は常に、子どもたちが置かれている状況を世界に伝えるために写真を使うという許可を子どもと保護者から得て撮影しています。今回の件を通して、難民の家族との約束を破ることになってしまったことは非常に残念です。私たちが本当に伝えたいのは、紛争の中を生きる子どもたちが置かれた厳しい現実です。

セーブ・ザ・チルドレンは引き続きシリア危機の犠牲になっている子どもたちやその家族に対する支援を行う他、紛争のすべての当事者および国際社会に対して、シリア内戦によって罪のない子どもたちが犠牲になることのないよう求めてまいります。

以上 


セーブ・ザ・チルドレン




シリア内戦からレバノンに逃れ、シリア国境近くに設置されたテントで難民生活を送るシリア難民の少女(6歳)2013年8月撮影当時

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP