トップページ > プレスルーム  > 【人材募集】国内事業部 PFAプログラム・オフィサー

(公開日:2016.12.15)
【人材募集】国内事業部 PFAプログラム・オフィサー

今回募集する人材についての詳細(所属:国内事業部)

募集ポストの目的:
災害時の子どもに対する心理社会的支援に関し、
1. 子どものための心理的応急処置(子どもためのPFA*)の普及
2. 災害時の「こどもひろば」(CFS*)の普及
をつうじて、国内支援者のキャパシティー向上により社会の対応能力を強化する。
*PFA: Psychological First Aid For Children
参照 http://www.savechildren.or.jp/lp/kumamotopfa/
*CFS: Child Friendly Space


雇用形態:契約職員
契約期間:勤務開始日から1年間。当初3か月試用期間、契約更新の可能性あり
勤務開始日:2017年4月中旬予定(勤務開始日応相談)
募集人数:1名
勤務地:東京事務所(出張あり)
勤務時間:週5日、1日8時間 (フレックスタイム勤務制度あり)
待遇:当団体規定による(社会保険完備、通勤費全額支給)

【業務内容】

子どもためのPFAおよび災害時の「こどもひろば」の普及に関し下記の業務を行う。
- 各種研修や啓発イベント等の実施にかかる業務。
- 資料、ツール、各種報告書等の作成にかかる業務。
- 関係者とのネットワーキング
以上について、企画・立案・実施、調整、関係する他の民間団体および行政との連携、情報収集および整理・取りまとめ、内外への報告、成果の発信、事務処理等を実行する。



【必要とする経験と資格】

1.NGO・NPO、行政機関、一般企業等での社会人経験が1年以上ある方
2.日本語での円滑な業務遂行、文書作成ができる方
3.PC スキル(ワード、エクセル、パワーポイント、等)がある方
4.休日出勤や宿泊を伴う国内出張が可能な方
※子ども支援、保育、教育の経験や子どもの発達や心理に関する知識、ワークショップなどでのファシリテーションの経験があると望ましい。


【望ましい資質】

1.セーブ・ザ・チルドレンの基本理念に賛同できる。
2.組織の一員としての自覚を持ち、円滑な人間関係を築くことが出来る。
3.自発的にオーナーシップをもって業務に取り組み、的確な報告・連絡・相談ができる。
4.チームによる円滑な事業運営に資する高いコミュニケーション能力がある。
5.心身ともに自己管理力がある。
6.子どもの支援に関する高い倫理意識があり、規範的な実践を示せること



【応募方法】
メールの件名に「国内事業部 PFAプログラム・オフィサー 応募」と明記のうえ、履歴書(和文・写真貼付必須)、職務経歴書(和文)、志望動機書(和文A4サイズ1枚)、語学証明書の写しをrecruit@savechildren.or.jp まで電子メールにてご送付ください(応募書類不返却、責任廃棄)。書類選考後、面接日などの詳細をご連絡いたします。
*なお、採用が決まり次第、応募を締め切らせていただきます。



【子どもにとって安心・安全な組織・事業づくりへの取り組み】

セーブ・ザ・チルドレンは、国際的な規範を定めて、子どもたちが心から安心して
参加できる組織・事業作り
を推進しています。
採用選考過程では、「刑罰・懲戒や特定の行為に関する経歴申告書」(様式あり)をご提出いただき、審査の一助とさせていただきます(不採用の場合、不返却、責任廃棄)。
当会に採用が決定した際には、業務開始前に、「子どもにとって安心・安全な組織・事業づくりに関する行動規範」についてご説明させていただきますので、遵守することを定めた誓約書に署名のうえ、ご提出いただきます。



あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP