トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもまちづくりクラブビデオメッセージ2012 Vol.1 〜「世界子どもの日」に復興への思い発信!〜(2012.11.20)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2012.11.20)

子どもまちづくりクラブビデオメッセージ2012 Vol.1 〜「世界子どもの日」に復興への思い発信!〜(2012.11.20)

 

11月20日は国連で定められた「世界子どもの日」。セーブ・ザ・チルドレンも大切にする子どもの権利条約が国連で採択された日です。この日に合わせ、岩手県山田町陸前高田市宮城県石巻市の子どもまちづくりクラブメンバーが復興への思いを込めたビデオメッセージを制作しました。みなさま、ぜひご覧ください!


■「東北の“今”、復興への思いを伝える」子どもたちの声■
これまで子どもまちづくりクラブ報告会や「Hear Our Voice」、「東北子どもまちづくりサミット」、「子どもまちづくりリーダーツアー」での活動を通じて、メンバーや地域の方から、被災地が忘れられるのがこわい、全国の人たちに自分たちの活動を伝え、東北を忘れないでほしい、といった声が寄せられました。そこではじまったのが、このビデオメッセージ制作。10月から各地域2回のワークショップとロケハンを通じ、子どもたちの視点で各地域の“今”と復興への思いをまとめました。


●岩手県山田町


●岩手県陸前高田市


●宮城県石巻市


■子どもたちの声を、より多くの方々へ■
今回の「子どもまちづくりクラブビデオメッセージ2012」の制作にご協力くださった各地域のみなさま、関係団体のみなさま、ありがとうございました。
このビデオメッセージは、「世界子ども日」を皮切りに、日本全国・世界へ向けて継続して発信する予定です。自分たちが考えていることを、日本をはじめ世界中の人に知ってもらうことを楽しみにしているメンバー。子どもたちの思いをより多くの方へ届けるため、このブログをご覧のみなさまも、ぜひSNSなどで周知にご協力ください!また、同日発行したSOFT中間報告書『Action』もぜひお読みいただければと思います。
後日、ビデオメッセージ制作の様子もお届けします。こちらもお楽しみに♪


(報告:遠野事務所・田代光恵)



 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP