トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもセンター起工式@石巻:子どもたちが夢のまちプランを実現へ! (2013.06.28)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2013.06.28)

子どもセンター起工式@石巻:子どもたちが夢のまちプランを実現へ! (2013.06.28)

 

石巻市子どもまちづくりクラブ「THEローリング・ストーンズ〜俺等はそれをROCKと呼ぶんだぜ〜」が20117月に結成されてから約2年。2013616日、宮城県石巻市にて子どもセンター起工式が行われました。メンバーが描いた夢のまちプランがつまった子どもセンターの着工をひかえ、子どもたちが主役となって実施した起工式の様子をお届けします♪




■“子どもによる子どものための施設”実現に向けて、起工式を開催

子どもセンターは、石巻市子どもまちづくりクラブメンバーを中心とした子どもたちの主体的な取り組みのもと、“子どもによる子どものための施設”となるよう企画されています。

子どもセンター完成予定図

これまで、メンバーは夢のまちプランの実現に向けて、メンバー以外の地域の子どもたち、石巻市職員、保護者、商店街や子ども支援団体等の地域のおとなと話し合いを重ねながら、活動してきました。また、建設に際しては、サントリーホールディングス株式会社よりご支援を頂いています。

前日まで降り続いた雨も止み、晴れやかな朝を迎えたこの日、メンバー18名、大人82名、合計100名の参加のもと、2年間かけて準備をしてきた子どもセンターがついに起工式を迎えました!


■市長の前でSpeak Out! 子どもセンター発表会■

前半は石巻市役所にて子どもたちによる「子どもセンター発表会」を開催♪石巻市長をはじめ、教育委員会・震災復興部・福祉部の職員計11名の出席のもと、メンバーがこれまでの子どもセンター建設に向けた活動を紹介したり、平面図やCGを用いて子どもセンターの使い方を説明したりしました。



また、メンバー自身の子どもセンターに対する思いを子どもセンター条例の前文案として発表。「私たち、子どもたちの思いが子どもセンター完成後も引き継がれるように、ぜひ、子どもセンター条例前文として取り入れてください」と要望書を市長に直接渡しました!
要望書はこちら


さらに、石巻市長と直接意見交換も実施。メンバーが子どもセンターや自分の活動に期待することを質問すると、石巻市長は子どもたちの声を受け止め、「立町商店街は昔から遊んでいた場所。昔のように子どもセンターを拠点として賑わってほしい。大いに期待しています」、「子どもたちは地域住民の一員。みんなの意見も参考にしていきたいと思っています」と、答えてくださいました♪



■子どももおとなもみんなで鍬入れ■
後半は、石巻市役所から歩いて10分ほどの場所にある子どもセンター建設予定地で「鍬入れ式」を開催。会場には保護者、地域の方々、学校の校長先生、石巻市議会議員も加わり、メンバーによる司会のもとスタート。参加者全員で「エイ!エイ!エイ!」と掛け声をし、建設予定地に鍬入れし、楽しい雰囲気の中子どもセンターの着工をお祝いしました!


〜参加した子どもの声〜
・市長さんたちと会えて、考えを聞かせてもらったり、質問に答えてもらって、よかった。くわ渡しは、すこしきんちょうした。(小6女子)
・市長さんたちにいろいろ発表できたし、思いも伝えられました。明日から工事が始まるけどまだ活動は終わりじゃないので、運営のめんも考えていきたいです。(中1・女子)
・市長さんは、子どもセンターの活性化を応援してくれた。起工式は最高に良かった。(中3・女子)
・子どもセンターが石巻の復興の中心になって欲しいと思います!! (中3・女子)
・市長が隣りに居て緊張したし、打合せもあまり出来なかったけどある程度うまく行って良かった。(高1・男子)

〜参加した石巻市役所の方々の声〜
・みんながもっともっと成長して大きくなってほしい、自分の意見を発表したり、自己表現をする力をつけてほしい!(教育委員会教育長)
・今の石巻をみんなで作っていく都市にしたい。子どもセンターが復興のシンボルとなるように(震災復興部部長)


■地域の復興に向けた子ども参加の拠点づくりを目指して■
子どもセンターの完成は201312月を予定しています。ですが、メンバー自身も「子どもセンターを建てることがゴールではありません」と語るように、建てて終わりではなく、建ててからも大切です。


完成後は石巻市に児童厚生施設として寄贈され、管理・運営されますが、メンバーが考えた“石巻の活性化のために中高生が中心となってつくり、運営していく施設。みんなが過ごしやすく、子どもの思いを世間の人たちに伝えられる場所”というコンセプトのもと、子どもたちも運営に参加します。また、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンも、子どもたち、特に中高生が様々な活動に主体的に取り組み、社会参加を促すための拠点、子ども・子育て支援の拠点となるよう、運営サポートを行っていく予定です。

石巻市の行政・保護者・地域の方々、サントリーホールディングス株式会社をはじめとするみなさま、ありがとうございました。「THEローリング・ストーンズ〜俺等はそれをROCKと呼ぶんだぜ〜」は、これからも地域の復興に向けたまちづくりのために全力ロックで活動を続けていきます♪引き続き、応援・ご協力よろしくお願いいたします。

(報告:仙台事務所 正泉寺みほ)



 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP