トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもまちづくりクラブVol26〜宮城県石巻市〜(2013.07.20)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2013.07.18)

子どもまちづくりクラブVol26〜宮城県石巻市〜(2013.07.20)

 


岩手・宮城県三地域の子どもまちづくりクラブメンバーは、阪神淡路大震災から復興の取り組みを学ぶために、2013年7月27日〜30日に神戸にて実施する子どもまちづくりリーダーツアーに参加します。今回は、石巻市子どもまちづくりクラブのメンバーが、子どもまちづくりリーダーツアーで訪問予定の団体を調べた事前準備の様子をお届けします♪





■石巻の復興に向けて、神戸で見たいこと!聞きたいこと!■

石巻市子どもまちづくりクラブ「THEローリング・ストーンズ〜俺等はそれをROCKと呼ぶんだぜ〜」は、2011年に作成した夢のまちプランを実現しようと、石巻市立町商店街に子どもセンターを企画中。メンバーは、子どもセンターが子どもの想いを世間に伝えられる場所になり、さらに、石巻市立町商店街をはじめとする中心市街地の活性化に向けた復興のシンボルとなることを願っています。そこで、子どもまちづくりリーダーツアーでは、子どもセンターの活用方法の参考になるアイデアや7月7日の石巻市立町商店街の方からの意見交換をふまえ、商店街の活性化につながるようなアイデアなど、今後の石巻の復興に向けたアイデアを学べる団体を訪問予定!限られた時間で役立つ情報を得るために、7月13日の活動では、訪問予定団体を事前に調べ、聞きたいこと・見たいことを洗い出していきました。



訪問予定団体:まち・コミュニケーション

「地域間交流事業でやっている農園の畑を耕したり、参加者と農村の方々との交流はどのような感じなのか?子どもセンターにも次世代の畑を作るので役に立つと思う」



訪問予定団体:FMわぃわぃ

「子どもセンター使用において、もっと石巻や子どもセンターについて知ってもらうために、子どもセンターの防音設備がある部屋を使って、ラジオ放送をやってみたい!」
「自分たちでラジオ番組を持って、音楽のランクや面白い内容をやりつつ、子どもセンターについての取り組みを放送すれば、たくさんの人々に伝えられる」



訪問予定団体:長田神社前商店街

「お店の看板、行っているイベントやお祭り、イメージキャラクターがどう役立っているかなど、石巻市立町商店街の参考になりそう」

「失敗したこと、うまくいったことを聞いて商店街の人に報告したい!」

訪問団体を調べていくうちに、メンバーからはたくさんの意見があがり、子どもまちづくりリーダツアー参加への意欲が高まった様子でした。



〜参加したメンバーの声〜

・いろいろ調べながら聞きたいことや、見たいことは決められたし、一番気になるところを見つけられた。(小6・女子)

・長田神社前商店街のことをいろいろ調べた!立町商店街の参考になると思う。(中1・女子)

・ツアーのための準備。ここにどんな人がいて、どんな場所なんだろうって想像しながら活動することができた。(高3・男子)


次回は陸前高田市子どもまちづくりクラブのメンバーが子どもまちづくりリーダーツアーに向けて準備に取り組んだ様子をお届けします!ぜひご覧ください♪

(報告:仙台事務所 菅原絵美)


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP