トップページ > スタッフブログ > アフガニスタン > ブルガリ アフガニスタン教育復興支援事業(2010.10.15)

アフガニスタン
(公開日:2010.10.15)

ブルガリ アフガニスタン教育復興支援事業(2010.10.15)

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、2009年度のブルガリからのサポートを、アフガニスタンの教育復興支援事業に活用しています。


長期にわたる武力紛争を経験したアフガニスタンでは今なお、トイレや水飲み場のない学校や、校舎さえない学校が半数を占めます。小学校を卒業しただけの先生が教壇に立ち授業を教えている場合もあります。セーブ・ザ・チルドレンは本事業を通じて、アフガニスタン北部の学校教育の質の向上に努め、就学前教育と保健衛生教育の推進にも取り組んでいます。


 ファリアブとサリプルの両州42校区を対象に以下の活動を実施し、生徒約24,490名と教職員・保護者約690名、幼児1,210名(108月現在)に教育支援を届けました。


事業地の子どもたちの様子はこちらでご覧いただけます。


1.学校教育の質向上と環境改善
・ 教員・保護者609名に教授法や子どもの権利、ポジティブ・ディシプリンの研修を実施
・ 教員・保護者690名にPTA研修を実施し、各学校区にPTAを設置
 
2.就学前教育の推進
・幼児1,210名を対象に就学前教育90教室を運営
・幼児の保護者750名を対象にペアレンティング研修を実施
 
3.保健衛生教育の推進
・教員・生徒600名に応急手当研修を実施、42学校に救急箱を提供し、手洗い場を新設
・生徒1,920名に保健衛生教育研修を実施


 


教員研修の成果


研修を受けた先生たちは、以前よりも生徒たちに目配りをするようになり、系統だった分かりやすい授業を行うようになりました。ファリアブ州の12校・教員90名を対象に研修前後の授業視察調査を実施したところ、先生たちの指導法や姿勢に大きな変化が見られました。






 
1.分け隔てなく公平に生徒たちと接している250.JPGのサムネール画像のサムネール画像
2.授業計画に沿って授業をしっかり進めている.JPGのサムネール画像































 





3.授業中、言葉を明瞭に発して教えている.JPG
4..授業中、生徒がきちんと教科書の内容を追っている.JPG



 



 

 

 

 

 

 

 

 


アフガニスタンの学校の半数はテントや青空教室=サリプル.JPGのサムネール画像


アフガニスタンの学校の半数はテントや青空教室=サリプル 

 


テントの下の授業風景。教授法研修を受けた教員=サリプル.JPGのサムネール画像



テントの下の授業風景。教授法研修を受けた教員=サリプル

 



就学前教室で子どもたちの笑顔がはじける=ファリアブ.JPGのサムネール画像



就学前教室で子どもたちの笑顔がはじける=ファリアブ

 



就学前教室を率いるのは村の女性ボランティアたち=ファリアブ.JPGのサムネール画像


就学前教室を率いるのは村の女性ボランティアたち=ファリアブ




 
暴力や体罰に頼らない指導法を学ぶ教員たち=サリプル.JPGのサムネール画像




暴力や体罰に頼らない指導法を学ぶ教員たち=サリプル










 





 











 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP