トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 参加者募集中!5/5「第5回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらと一緒にそだつまち〜」(2014.3.14)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2014.03.14)

参加者募集中!5/5「第5回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらと一緒にそだつまち〜」(2014.3.14)

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが、地域の復興に向け、20115月より実施している子ども参加によるまちづくり事業“Speaking Out From Tohoku〜子どもの参加でより良いまちに!〜”。その活動の一環として、今年も55日こどもの日にあわせ、仙台にて「第5回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらと一緒にそだつまち〜」を開催します。

 

岩手県山田町・陸前高田市、宮城県石巻市の「子どもまちづくりクラブ」がスタートしてから約3年。3地域のメンバーが一堂に会し、昨年の「第4回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらが受けつぐ夢のまち〜」以降すすめてきた復興に向けた取り組みや地域の状況を発表し、参加者のみなさんとより良いまちにするために話し合います。

 

東日本大震災から3年。地域の復興に向け、声をあげ、参加する中で、子どもたちも成長してきました。まちづくりに関わる中、子どもたちは何を思い、どのように行動してきたのでしょうか。子どもたちとともに育つこれからのまちづくりを考えるために、子どもとおとなで一緒に意見交換をしませんか?日本全国のみなさまのご参加をお待ちしています!

 

◆第5回東北子どもまちづくりサミット〜ぼくらと一緒にそだつまち〜

※本サミットのサブタイトルは、子どもまちづくりクラブメンバーが案を出し、投票して決めました。

【日時】201455日(月・祝、こどもの日)10:0015:009:30開場)

【プログラム】

第一部:10:0012:00 地域の復興に向けた子どもまちづくりクラブの活動報告

第二部:13:0015:00 子どもまちづくりクラブメンバーと参加者との意見交換

【場所】仙台国際センター/大会議室「萩」、展示レセプションホール「桜」(仙台駅からバスで10分)

【対象】小学校5年生以上〜おとなの方

【定員】250名 ※定員になり次第、しめ切りとさせていただきます。

【参加費】無料

【申し込み方法】

参加ご希望の方は、下記専用フォームからお申込いただくか、

http://goo.gl/JdFM1u

下記の内容を明記の上Eメール、電話、またはFAXにてお申込下さい。

 「第5回東北子どもまちづくりサミット」参加希望 ・氏名(フリガナ)・年齢 ・電話番号
・メールアドレス ・所属

※ご記入いただいた個人情報は取り扱いに注意し、本イベントの参加申込受付以外では使用いたしません。

【申し込み・問い合わせ先】

ーブ・ザ・チルドレン・ジャパン遠野事務所 担当:平瀬

Eメール:soft-summit@savechildren.or.jp 電話:0198-68-3012(平日10:0018:00FAX0198-68-3637

【申し込み締切日】427日(日)

※岩手県山田町、岩手県陸前高田市、宮城県石巻市の子ども参加者の申込締め切りは4/16(水)です。

【主催】公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

【後援】復興庁、文部科学省、岩手県、岩手県教育委員会、宮城県、宮城県教育委員会、石巻市、石巻市教育委員会、仙台市、仙台市教育委員会、山田町、山田町教育委員会、陸前高田市、陸前高田市教育委員会

※「第5回東北子どもまちづくりサミット」のチラシはこちら




子どもまちづくりクラブでは、子どもたちの創造力あふれる活動を展開中!各地域の子どもまちづくりクラブの最近の活動もぜひご覧ください♪

岩手県山田町:「けっぱれ山田Toekomst」(通称・KYT)はこちら

岩手県陸前高田市:「絆〜save the hope TAKATA〜」(通称・絆クラブ)はこちら

宮城県石巻市:「THEローリング・ストーンズ〜俺等はそれをROCKと呼ぶんだぜ〜」はこちら

(報告:遠野事務所 平瀬千登世)


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP