トップページ > スタッフブログ > シエラレオネ > 日本政府に「エボラ出血熱感染拡大防止への迅速な対応をG20諸国の首脳に求める署名」を提出!(2014.11.13)

シエラレオネ
(公開日:2014.11.13)

日本政府に「エボラ出血熱感染拡大防止への迅速な対応をG20諸国の首脳に求める署名」を提出!(2014.11.13)

 
11月15日・16日にブリスベンで開催されるG20首脳会合が迫る中、「エボラ出血熱感染拡大防止への迅速な対応をG20諸国の首脳に求める署名」の日本国内で集まった1,047筆の署名および要望書を中根一幸外務大臣政務官に提出しました。


写真:左からセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン堀江アドボカシー・マネージャー、中根一幸外務政務官、アムネスティ・インターナショナル日本 川上活動マネージャー、ウォーターエイド・ジャパン高橋事務局長


セーブ・ザ・チルドレンが呼びかけ、多くの国際NGOとのパートナーシップにより展開された署名活動は、世界中で165,490筆を集め、各国および今週末ブリスベンにて提出されます。日本ではアムネスティ・インターナショナル日本およびウォーターエイド・ジャパンと共に、署名活動と提出を共同で行いました。

中根政務官は、「この危機は国際社会の喫緊の課題であり、G20としてしっかり取り組まなければならない。議論で終わらない具体的な支援策につなげる必要があり、日本政府としても引き続き様々な支援に取り組んでいく」と力強く述べられました。

エボラ出血熱の感染拡大は、これまでに5,000人以上の命を奪い、未だ制御不能な状態にあります。この危機はギニア、リベリア、シエラレオネの感染国において日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼしています。教育は休止状態にあり、3,700人もの子どもたちが親を亡くし、拡大し続ける脅威と困難に直面しています。各国政府、国際機関、NGOが一丸となった迅速な対応、特に訓練を受けた医療専門家の緊急派遣が必要とされています。

今週末のG20首脳会合は、世界で最も影響力があり、最も豊かな国のリーダーが、この危機を封じ込めるために不可欠なコミットメントに合意するための重要な機会です。日本政府をはじめ、G20諸国の首脳が一丸となってリーダーシップを発揮し、強固な協力体制を築くことが期待されます。

署名と共に提出した「エボラ出血熱感染拡大防止への迅速な対応を求める要望書」

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP