Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 332 Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 333 教材体験セミナー参加者募集(2009.12.15)
トップページ > スタッフブログ > 日本 > 教材体験セミナー参加者募集(2009.12.15)

日本
(公開日:2009.12.15)

教材体験セミナー参加者募集(2009.12.15)

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、子どもの権利や国際協力に関する教材の開発をすすめております。今回教育関係者の方々を対象に、新しく開発した教材を体験いただくセミナーを東京・大阪にて実施いたしますので、より多くの教育関係者の方々のご参加お待ちしています!

 

小学校で「Hi5!」を活用している様子■体験!フォトランゲージ教材@大阪■

大阪では、子どもの権利条約を学び・知るための教材と世界の子どもたちの問題について共感的に理解を進めるための教材を活用したセミナーを実施します。参加者のみなさまに実際にフォトランゲージ教材を体験していただき、今後より良い教材を作るヒントをいただければと願っています。どうぞご参加ください。

日時:2010年1月17日(日)10:00〜12:00【受付開始9:30〜】
場所:大阪国際交流センター3階「銀杏」
(地下鉄谷町線谷町九丁目/近鉄線上本町より徒歩8分)
会場地図:http://www.ih-osaka.or.jp/i.house/index.html
参加費:無料
対象:教員をはじめとする教育関係者
定員:20名(要事前申し込み/申し込み順)
内容:二種類のフォトランゲージの体験となります。
    ★子どもの権利フォトランゲージ
    ★世界の子どもたちの問題フォトランゲージ
後援:(特活)開発教育協会
※本体験セミナーでは、下記にご案内する「Hi5!」の販売を行いますが、体験はございません。

【参加申込・問合せ先】

名前・所属・担当・電話番号・E-mailアドレスをご記入の上、下記までお申し込みください。
社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン大阪事務所(担当:田邊)
E-mail:speakingout-osaka@savechildren.or.jp
TEL:06-6361-5695       

■体験!「Hi5!」ポスター式教材@東京■

東京では、世界の子どもたちの状況や国際協力について、身近に捉えるための「Hi5!」ポスター式教材を活用したセミナーを実施します。「Hi5!」は、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが2003年から17,000人以上の子どもたちに実施した教育事業の知見や世界約120カ国以上での活動経験をもとに作成したオリジナル教材です。「Hi5!」を活用した実践は、外務省主催「グローバル教育コンクール2009」の活動報告部門で優秀賞に選ばれています。写真やケース・スタディなどが豊富な「Hi5!」を、総合学習や国際理解などの授業のリソースとしてご活用いただくための参考になればと考えております。どうぞご参加ください。

日時:2010年2月6日(土)14:00〜17:00【受付開始13:30〜】
場所:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン東京事務局会議室(山田ビル4階)
(JR線神田駅より徒歩5分/地下鉄大手町駅より徒歩10分)
 ※地図は、こちらをご覧ください。
参加費:無料
対象:教員や教育支援コーディネーターなど、教育関係者
定員:20名(要事前申し込み/先着順)
内容:「Hi5!」ポスター式教材の使い方を参加型で学びます。
    1)世界の子どもの現状とセーブ・ザ・チルドレンの活動
    2)「Hi5!」アクティビティ体験
    3)「Hi5!」実践活用例紹介
後援:(特活)開発教育協会

【参加申込・問合せ先】

名前・所属・担当・電話番号・E-mailアドレスをご記入の上、2010年2月1日(月)までに下記までお申し込みください。
社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン東京事務所(担当:西口)
E-mail:Hi5@savechildren.or.jp
TEL: 03-6859-6869     FAX: 03-6859-0069       


 



 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP