トップページ > スタッフブログ > 中国 > 中国青海大地震 セーブ・ザ・チルドレンの支援状況(10.04.23)

中国
(公開日:2010.04.23)

中国青海大地震 セーブ・ザ・チルドレンの支援状況(10.04.23)

 

2010年4月14日に中国・青海省で発生したマグニチュード7.1の大地震で、4月21日現在、2,183名の死亡、12,135名の負傷者が確認されており、多くの子どもたちも被害にあっています。

学校施設も被害を受け、教育当局によると、学校が被災前の状態に戻るまでに2〜3年かかる可能性があるとされています。











落石により傷を負った生後11ヶ月のTsetenちゃん(左)、母親を失い叔母に抱きかかえられるDorjeちゃん(右)

現地では、降雨・降雪という悪環境の中で、支援活動が継続されています。

セーブ・ザ・チルドレンでは、現地に5名のスタッフを派遣し、これまでに計6校の学校(2,464名の生徒と85名の教員)を通して被災者に食糧、水、衣服、毛布などの物資配布を行っています。
また、今後、子どもたちの安全な遊び場(チャイルド・フレンドリー・スペース)を設営し子どもの保護を図るとともに、感染症のリスク軽減のために衛生キットの配布を計画しています。


中学校にて物資をトラックから下ろすセーブ・ザ・チルドレン・スタッフ

セーブ・ザ・チルドレンは1987年から中国にて活動しており、2008年に発生した四川大地震の際には、日本人スタッフが現地で支援にあたりました。
四川大地震の支援活動については本ブログのアーカイブスをご覧ください。

掲載写真:(C)Save the Children






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP