トップページ > スタッフブログ > インドネシア > 震災から3ヶ月〜支援活動の今〜(10.01.05)

インドネシア
(公開日:2010.01.05)

震災から3ヶ月〜支援活動の今〜(10.01.05)

 

あけましておめでとうございます。

2009年9月30日のスマトラ島パダン沖地震発生から3ヶ月。セーブ・ザ・チルドレンでは地震発生直後から継続した支援を実施しています。これまでに被災者約15万人(うち約65,000人が子ども)に対して仮設シェルターを配布したほか、学校への仮設スクールテントや教育資材を配布、子どもたちの安全な遊び場(チャイルド・フレンドリー・スペース)を26ヶ所(うち24ヶ所は現在も継続稼動中)に設置してきました。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに皆様から届いたご寄付の一部は、ジャパン・プラットフォームの助成金とともに、現地の教育物資(ホワイトボードや学用品など)の配布事業に使用させていただきました。同事業は滞りなく進み、1月2日をもって無事終了しました。現在も仮設の学校テントでは、配布した物資を使用した授業が行われています。



0912(SCJ)配布したホワイトボードを使用して仮設の学校テントで授業を行う教師・生徒〜.JPG
配布したホワイトボードを使って授業を受ける子どもたち

子どもたちは厳しい環境にも負けず、毎日勉強や遊びに励んでいます。一方で、地すべりなどの二次被害や悪化している衛生環境など、危険との隣り合わせの生活は続いています。

子どもたちが安心して日々の生活を送ることができるよう、現地のスタッフは新年も既に活動を開始しております。今年も引き続き、皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


(報告: インドネシア駐在 古田ちあき)








 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP