Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 332 Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 333 中学校での調理実習に参加しました。(2011.11.21 )
トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/教育 > 中学校での調理実習に参加しました。(2011.11.21 )

日本/東日本大震災/教育
(公開日:2011.11.21)

中学校での調理実習に参加しました。(2011.11.21 )

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、宮城県と岩手県で被災した子どもたち(小学校・中学校)を対象に学用品や学校備品の配布を実施しています。そのうち岩手県陸前高田市の中学校で行われた家庭科の授業を今回のブログでご紹介したいと思います。


今回は2年生27人が取り組む調理実習にSCJが配布した調理器具が使われるということで、SCJスタッフが講師として参加させていただきました。
子どもたちがどんな人たちが支援をして下さっているのかを知るとともに、国際的な団体であるSCを通じて海外の文化などにも触れられればという学校からの希望を受けて実現しました。
当日は岩手事務所のスタッフ2名と東京事務所のイギリス人スタッフが参加して、トマトソースのスパゲッティーとイギリスのウェールズ地方のおかしであるウェリッシュケーキ作りに挑戦しました。



広田1.JPGてきぱきと子どもたちが調理にとりくみます。
そしてSCJが提供した調理器具たちが子どもたちの手によって大活躍。



広田2.JPG
広田3.JPG作るのはもちろん、聞くのも初めてのウェリッシュケーキには子どもたちも大苦戦。教室のいたるところから、「すごくネバネバしてきた」や「このくらいでいいのかな?」といった声が聞えてきます。そんな時は講師役のSCJスタッフの出番です。「これくらいでいいですか?」と子どもたちから質問がとんできてスタッフも右に左に大忙し。時には英語で積極的に質問する子もいました。

広田4.JPG
広田5.JPGそんな子どもたちの努力の甲斐もあり、料理はどんどん完成に向い、いい匂いが教室中に広がっていきました。いよいよラストスパート、おいしそうな料理を前にしておなかが空いてきたのか、つまみくいをしている子たちも中にはちらほらといて、試食前から「おいしい」なんて声が聞えてきたり。

広田6.JPG
広田7.JPGそして遂に完成して試食へ。お腹を空かしていたようで子どもたちはおいしそうにほおばっていました。授業終了後には「セーブザチルドレンさんにはたくさんおせわになりました。教えられたとおりにやって失敗しなくて良かったです。教えてくれてありがとうございました。」、「ケーキを作るのがたいへんだった。あとで家でやってみたいです」なんて感想までいただきました。子どもたちの楽しそうな様子、すてきな感想、おいしい料理まで食べられて今回の授業を一番堪能したのはSCJスタッフかもしれませんね。


このように、子どもたちの笑顔が増えるのを心から願いつつセーブ・ザ・チルドレンは活動を継続します。


(報告:遠野事務所 久我啓一郎)

写真撮影:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン





 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP