トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 第3回子どもまちづくりクラブ報告会@山田町「もっと話したい!まだ話し足りない!」(2012.06.08)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2012.06.08)

第3回子どもまちづくりクラブ報告会@山田町「もっと話したい!まだ話し足りない!」(2012.06.08)

 

今回は、岩手県陸前高田市宮城県石巻市で行なわれた「第3回子どもまちづくり報告会」に引き続き、2012年6月3日(日)に山田町で行なわれた報告会の様子をご紹介します。


■みんなで作る報告会■
山田町では現在仮設子どもセンター“KYTみんなのひろば”で活動を行なっていますが、その名称の通り、メンバーはセンターを地域の人々に広く利用してもらいたいと思っています。今回の報告会はセンターのお披露目も兼ねていたため、準備日には、参加してくれた人々が楽しんでくれるよう、会場の装飾を工夫したり、日建設計ボランティア部の方々と共に、花壇とみんながくつろげるよう、ウッドデッキを制作しました。


みんなでウッドデッキづくり


 

デザインに工夫をこらしたウェルカムボード


装飾だけでなく、報告会当日のレイアウトや役割分担、会の流れについてもメンバーで話し合い。「司会進行、私やる〜。」「最初にゲームをやった方が(参加者との緊張感がほぐれて)いいよね。」「話し合いは長く時間取りたいね〜。」「机が足りないからやまちゃん(SCJスタッフ)持ってきて。」等々、メンバー間の話し合いでどんどんと報告会の内容が決まっていき、前日には通し練習も行ない、準備万端で当日を迎えました。


■“完璧”だけで終わらない報告会■
いよいよ迎えた報告会当日。メンバーはいつも以上に早く集まり、立派にできたウッドデッキの掃除を自主的にしたり、会場設営や最終リハーサルを終え、それぞれの役割の元、報告会が始まりました。


 

立ち位置もみんなでチェック


 

記録担当は私です“パシャリ”


休日、また予定がある方も多かったにもかかわらず、のべ13名の行政や保護者をはじめ地域の方々が来場され、メンバー11名と合わせ計24名で、「第2回東北子どもまちづくりサミット」とはガラッと雰囲気も変わった、文字通り地域の方々と距離の近いアットホームな報告会となりました。まちづくりのアイディアに関する発表ではサミットで発表した内容を少しアレンジして報告した他、サミットの際に参加者から書いてもらったコメントや「まちづくりに関するアイディア」の中から、メンバーが「いいな」と思ったものを一部紹介しました。参加者からは、山田の伝統の祭りをメンバーが描いた屏風について「是非神社に展示しよう!!」とのうれしい言葉ももらいました。


 

KYTみんなのひろば全体を活用


  

高さ1.5m×横5.5mの“祭り”屏風


そしていよいよメンバーと参加者による意見交換の時間。
「子どもの意見を反映してもらえるような大人と子どもが話せる場所・機会をどうつくるか」「今後地域の方々を巻き込んで活動していく中で、どうしたら協力者を得られるか」
など、メンバーが地域の参加者と話し、考えたいと思った5つのテーマを設定。テーマごとに分かれたテーブルでお互いのアイディアを出し合い、よりよい活動、よりよい山田町にするため、考えを深めていきました。


                                  積極的に意見を交換。話にも熱が入ります


報告会後、当日のふりかえりをすると、「発表は完璧だった。」「緊張しないでスムーズに(発表)できた。」という意見がある反面「もっと話し合える場がほしい!!と思った。」「話し合いの時間が足りない。話が盛り上がってきたところで終わってしまう。」「全部のテーマについて話したい!!。」などなど意見交換の時間がもっとほしかったとのメンバーの声。今後は今回の意見交換で出てきたアイディアを参考にしながら活動していくと同時に、メンバーの声に基づき、子ども同士だけでなく、大人との話し合いの場をもっともっと実現していきたいと思います。
今後も山田町子どもまちづくりクラブ“KYT”の進展をどうぞお楽しみに!!


〜参加したメンバーの声〜
・新しい考えをもつことができたし、考えを深めることができた(中3・女子)
・いろいろみんなと話ができて楽しかった(小5・男子)
・同じ意見をもっている人もいるし、ちがう意見をもっている人もいて新鮮だった(中3・女子)
・大人の意見も大切だから、役に立つ。山田の人、皆でつくっていく町だから、意見交換が出来て、よかった。楽しかった。(中3・女子)
・色んな意見を聞けてよかった(高1・男子)


〜参加した大人の声〜
・実現できたらステキな構想をたくさん話してもらえました。いっぱい元気をもらえました。ありがとう!!(支援団体職員・女性)
・とてもいい発表でした!(保護者・女性)
・すばらしい子どもさん達です。感動しました。(地域関係者・女性)
・子どもと大人の意見を聞ける、言える機会が作れた事はとてもすばらしいと思います。もう少し時間をかけて話し合いたかった。(ボランティア・男性)
・ずい分、立派に話せるようになった。すごい!!(学校関係者・男性)


(報告:遠野事務所・山田心健)


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP