11月10日(水)セミナー「広告が子どもに与える影響を考える」(大阪開催)参加者募集

セミナー
「広告が子どもに与える影響を考える~子どもに配慮ある広告とマーケティングを~」


差別的な表現、暴力的な表現、過度な性的表現
・・・最近多くの批判が繰り返されている問題のある広告や広報は、子どもたちも見て影響を受けています。また、見聞きした情報を正しく理解し、判断する力が発達途上にある子どもを意図的にターゲットとするマーケティング手法も後を絶ちません。これは、人としての子どもを大切にせず、子どもの人権をないがしろにすることにほかなりません。
そうならないために、広告やマーケティング、広報を行う企業、自治体、そして子どもの問題に取り組むNPO/NGOなどは、何をどのように考え、取り組めばいいいのかをともに考えます。



日 時 2017年11月10日(金)14時~16時30分(開場:13時30分)
場 所 :大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
         5階 セミナー室1
内 容:
  「子どもの人権になぜ取り組むのか」
       白石 理(ヒューライツ大阪 会長)
  「広告が子どもに与える影響か」
      天野恵美子さん(関東学院大学経済学部 准教授)
  「ユニリーバの広告・マーケティングに関する自社基準について」
      伊藤征慶さん(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
     ヘッド・オブ・コミュニケーション)
  「子どもの権利とビジネス ー 子どもに影響のある広告
      およびマーケティング・ガイドラインが目指すもの」

     堀江由美子(公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
     アドボカシー・マネージャー)

主 催:
  一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
  公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
協 力:
  特定非営利活動法人関西NGO協議会

参加費:1,000円(税込み)(学生は500円)
   ※ 当日受付で受領し、領収証をお渡しします。
参加申込み:
  ①お名前、②所属、③連絡先(Email、電話番号)をメールでお知らせください。
   →メール宛先:webmail[a]hurights.or.jp ([a]をアットマークに変えてください)
  ※ 申込締切:2017年11月9日(木)
  ※ メール件名に「11月10日セミナー申込み」と記してください。
  ※ 個人情報は本セミナー及び主催者の関連事業以外には使用しません。

セミナーでは「子どもに影響のある広告およびマーケティングに関するガイドライン」を配布して説明します。

チラシはこちらからダウンロードいただけます。

PAGE TOP

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F