活動の紹介

現在進めている3つの事業

基礎教育

経済的な理由から、親の手伝いや幼い妹や弟の面倒をみるため学校に行けない子どもたち、また通学していても基本的な読み書きができない子どもが多数います。小学校教室の整備、学校運営の改善、教員のスキルの強化等を通して子どもが学習する環境をより良くする必要が、また、子どもが読み書き計算の基本的スキルを着実に身に着けるよう教育の質を拡充する必要があります。

事業国・地域 インド、ネパール
事業概要
  • インドでは、(株)リコーとの協力のもと、教材開発や教員研修を実施しています。
  • ネパールでは、教員が生徒の学習理解度を的確に把握できるよう支援活動を展開しています。

算数テストの実施(ネパール)

早期幼児教育(就学前教育)

子どもが将来、知的・社会的能力を伸ばし、各個人のポテンシャルを最大限にしていくためには、早期から適切な刺激に触れることが非常に重要であることが指摘されています。就学前教育の質を高め、子どもたちの健全な発達を促進することが必要です。

事業国・地域 モンゴル、スリランカ
事業概要
  • モンゴルでは、首都ウランバートルの公立幼稚園で絵本を中心とした図書室の整備、トイレの環境改善、普及のための政策提言を実施しています。
  • スリランカでは、25年に及んだ紛争で大きな影響を受けた北部地域で就学前教育の環境整備に取り組んでいます。

トイレの環境改善 (モンゴル)

青少年育成事業

安定した生活を送れない地域にいる青少年が社会の中で一定の役割を果たしていくためには、たとえ継続して学校に通えていなかったり、学校を卒業していなくても、青少年の今や未来が奪われないよう、彼らの教育の権利が満たされる必要があります。

事業国・地域 レバノン
事業概要
  • レバノンでは、シリア難民青少年を対象に社会・職業スキル研修を行い、彼らの社会参加の促進とエンパワメントを目指しています。

青少年クラブ(レバノン)

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP