活動の紹介

すべての子どもが質の高い教育を受けられるよう、学習環境の改善、教員の能力養成、地域社会の意識向上、給付型奨学金の提供、就学前教育の普及などの活動を通して支援します。

世界では、約1億2,000万人の子どもたちが小中学校に通えていません*。セーブ・ザ・チルドレンは、子どもの読み書き計算能力の向上を中心に、教育の質の向上を目指した支援活動を実施。就学前の子どもたちから、就業を目指す若者まで、2016年は13,847,206人に直接支援を届けました。*Global Education Monitoring Report 2016 (UNESCO)
日本国内では、被災した地域で給食や学校備品の支援を行うほか、震災による家庭の経済的状況が、子どもたちの文化・スポーツ活動や進路に影響を与えないよう、給付金の提供をはじめとした活動を行っています。

最新の報告はこちら


主な活動 (2016年度年次報告書より)

海外

就学前教育
【モンゴル】遊牧民の子どもたちへの教育支援

幼稚園に通えない小学校入学前の遊牧民の子どもたちに、家庭でできる就学前学習の機会を提供。学習玩具や絵本などからなる学習キットを使って家庭で小学校の入学準備を行うことで、入学後、幼稚園経験のある子どもとの差が出ることなく学校生活を送れるよう支援しました。また、小学校入学と同時に親元を離れ寮生活をする子どもを支えるため、子どもの居場所となる放課後活動を実施。さらに2016年は、視覚や聴覚の障害がある子どもも同じ教育機会を得られるよう、新たな教材を作成したほか、保護者や教員に対して障害に関する研修を実施しました。

【タンザニア】就学前の子どもたちへの教育支援

貧困地域の子どもが通う幼稚園(子どもセンタ―)10ヶ所の施設を修繕し、遊具の設置や教材の提供を行いました。また、教員への研修を実施し、質の高い教育の推進と、幼稚園運営のための能力強化を行いました。さらに、地域の人々が幼稚園の運営を継続的に担っていけるよう、運営委員会の設立と、この委員会の運営能力強化のための研修も実施。地域住民に対しては、子どもたちの身体的、精神的、認知的な発達の基礎となる就学前教育の重要性を啓発し、地域住民自らが主体性を持って幼稚園の運営に関わっていけるような体制づくりを支援しました。

基礎教育
【モンゴル】新入生の小学校生活適応のための支援

首都の低所得者地域の小学校24校の低学年担当教員に対して研修を行い、子どもたちの置かれた状況や発達段階を的確に判断し、特に幼稚園経験のない子どもたちに対しても適切なケアができるよう支援。さらに、学校医や図書司書など校内の専門職員、家庭診療所や地区行政組織など学校外の関係者に対しても、新入生が学びやすい環境を作るための働きかけを行いました。入学説明会や戸別訪問、連絡帳などを通じた密なコミュニケーションを推進し、保護者と学校間の信頼関係を強化。こうした取り組みを大学の教員養成課程に組み入れ、教育行政との連携も深めました。

【インド】子どもたちに質の高い教育を

これまで支援してきた小学校10校に新たな10校を加えた計20校において、子どもが授業の理解を深め、より関心を持てるよう、デジタル教材を用いた授業づくりを支援。教員たちも、教材開発に試行錯誤する過程で、より主体的に指導能力の向上を目指すようになりました。理科・生活科ではプロジェクターを活用した授業を導入し、教員との協力でこれまでに約150種類のデジタル教材を開発しました。こうした取り組みはほかの科目へも広がり、現地語のテルグ語や英語、そして算数の学習教材も完成。これらの教材はテランガナ州の3年生から5年生の授業で活用されます。



日本

給付型緊急子どもサポート

■岩手県・宮城県
2016年、岩手県山田町、宮城県石巻市の経済的に困難な状況下にある小学1年生、中学1年生283人(268世帯)に、制服・運動着の購入費用の一部を給付金として支給。新入学に伴う家庭の負担を軽減し、子どもたちの学校生活のスタートを支援しました。
■熊本県
震災の影響で経済的な負担が増したという保護者の声を受け、子どもたちの生活に不可欠なものを補えるよう、住宅が一部損壊以上もしくは経済的に困難な状況下にある子どもたちに給付金を提供しました。

熊本地震復興支援(教育支援)

■給食支援
給食センターが被災した益城町の全公立小中学校7校を対象に、5月にはパンと牛乳のみとなった簡易給食に、チーズやゼリーなどの補食メニューを支援。また、6月以降は、保護者の経済的負担を軽減するために、弁当給食の費用の一部を支援しました。
■学用品・学校備品支援
震災前の学校生活を取り戻せるよう、益城町の被災した小・中学生に、制服や運動着、水着、部活動の備品を配布。また、益城町および御船町の小・中学校5校に体育や部活動で使う備品やエアコンなどを提供しました。 ・学校活動への支援 益城町の中学校1校で職場体験の際に必要な交通手段や、益城町の中学校1校の吹奏楽部が全国大会に出場するための遠征費を支援しました。
■学校活動への支援
益城町の中学校1校で職場体験の際に必要な交通手段や、益城町の中学校1校の吹奏楽部が全国大会に出場するための遠征費を支援しました。

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP