スタッフブログ

スタッフブログ

【各国活動】

【バングラデシュ ロヒンギャ難民支援】セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン医療アドバイザーと現地とのリモートモニタリング会議を開催

2020年11月11日、セーブ・ザ・チルドレン バングラデシュ事務所の保健チームと、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン医療アドバイザー2人が、ロヒンギャ難民支援に…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援 保健・栄養
国・地域別:
バングラデシュ
「【バングラデシュ ロヒンギャ難民支援】セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン医療アドバイザーと現地とのリモートモニタリング会議を開催」イメージ

【各国活動】

ウェブサイト「おやこのミカタ」公開のお知らせ−子どもと向き合うときの「どうしてだろう」が「そうだったんだね」になるヒントがたくさん詰まったウェブサイトー

セーブ・ザ・チルドレンは、子どもの体やこころを傷つける罰のない社会を目指して「ポジティブな子育て」を普及する活動をしています。「ポジティブな子育て」とは子どもを…

続きを読む

活動テーマ別:
子どもの保護
国・地域別:
日本
「ウェブサイト「おやこのミカタ」公開のお知らせ−子どもと向き合うときの「どうしてだろう」が「そうだったんだね」になるヒントがたくさん詰まったウェブサイトー」イメージ

【各国活動】

11月12日は世界肺炎デー:39秒に1人、5歳未満の子どもが犠牲にユニセフとセーブ・ザ・チルドレンが共同メッセージを発表

11月12日は世界肺炎デーです。低・中所得国では、毎年420万人の子どもたちが深刻な肺炎に苦しんでおり、生存のために医療用酸素を必要としています。肺炎は、感染症…

続きを読む

活動テーマ別:
保健・栄養
国・地域別:
アドボカシー
「11月12日は世界肺炎デー:39秒に1人、5歳未満の子どもが犠牲にユニセフとセーブ・ザ・チルドレンが共同メッセージを発表」イメージ

【各国活動】

紛争下では毎日25人の子どもが殺され、重傷を負っている−報告書『殺害と重傷:紛争下の子どもたちへの終わらない権利侵害 』発表

2019年に創設100年を迎えたセーブ・ザ・チルドレンは、第一次世界大戦後、敵味方の分け隔てなく子どもたちを支援したエグランタイン・ジェブにより1919年に創設…

続きを読む

活動テーマ別:
 緊急・人道支援
国・地域別:
アドボカシー
「紛争下では毎日25人の子どもが殺され、重傷を負っている−報告書『殺害と重傷:紛争下の子どもたちへの終わらない権利侵害 』発表」イメージ

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP