ナジマさん(12歳)のストーリー
~イラク北部 シリア難民キャンプ~


ナジマさんが暮らしていた町では戦闘機が空を飛び交い、
爆撃によって町は荒廃していきました。
きょうだいは十分な医療が受けられず、命を落としました。
この記憶は 彼女の心の深い傷となっていました。

 


セーブ・ザ・チルドレンが運営する学習支援センターでは、

癒しと学習のためのプログラムを提供しています。

このプログラムにナジマさんは参加し、絵画や工作に取り組みました。


セーブ・ザ・チルドレンが運営する学習支援センターでは、

癒しと学習のためのプログラムを提供しています。

このプログラムにナジマさんは参加し、絵画や工作に取り組みました。

白いキャンバスに、美しい山、澄んだ空、真っ白な雲、映える緑を描いていきました。

そして工作では、家と小屋を形作り、その屋根と庭先にはカラフルなデコレーションを加えました。

 

「才能豊かな芸術家」である彼女の夢は、外科医になることだといいます。

 

4億2,000万人
全世界の子どもの5人に1人

4億2,000万人
全世界の子どもの5人に1人

 

この数字は、

紛争に巻き込まれ、
恐怖の中で生活をしている子どもの数です。

私たちはどうしたら、
彼らの未来や夢を守ることができるのでしょうか。

 

いま、皆さまのご支援が必要です

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的にアニュアルレポートや会報誌をお送りしています。

あなたの支援が子どもたちの今と未来を支えます

例えば約3,000円で…

衣類一式 1人分 – 災害時に避難する子どもたちを雨や泥、寒さから守ります。

衣類一式 1人分 – 災害時に避難する子どもたちを雨や泥、寒さから守ります。

例えば約5,000円で…

スクールキット 3人分 – 子どもたちが学習を再開する助けとなります。

スクールキット 3人分 – 子どもたちが学習を再開する助けとなります。

例えば約30,000円で…

救急車の手配 2日分 – より適切な治療を受けられる病院へ行くための交通手段となります。

救急車の手配 2日分 – より適切な治療を受けられる病院へ行くための交通手段となります。

セーブ・ザ・チルドレンの活動内容

セーブ・ザ・チルドレンの活動内容

 

 

セーブ・ザ・チルドレンの活動資金

セーブ・ザ・チルドレンの活動資金

 

 

セーブ・ザ・チルドレンは活動資金のうち、94%を事業費に充てています。
支援の内容としては、子どもへの直接支援や保健・栄養分野の支援、教育支援など多岐にわたります。

 

 

税の控除を受けることができます

税の控除を受けることができます

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは内閣府より認定を受けた公益社団法人です。
当法人への寄付は一定の要件のもと、確定申告をすることで所得税の控除を受けることができます。

 

 

よくある質問

 

Q.毎月寄付(SCサポート)とは何ですか?
A.世界の子どもたちへのセーブ・ザ・チルドレンの活動をご支援いただく毎月定額での継続ご寄付の仕組みです。すでに世界で約200万人の支援者がいらっしゃいます。毎月寄付をいただいている支援者様には定期的に年次報告書やニュースレター、メールマガジンをお送りしています。

よくある質問

 

Q.毎月寄付(SCサポート)とは何ですか?
A.世界の子どもたちへのセーブ・ザ・チルドレンの活動をご支援いただく毎月定額での継続ご寄付の仕組みです。すでに世界で約200万人の支援者がいらっしゃいます。毎月寄付をいただいている支援者様には定期的に年次報告書やニュースレター、メールマガジンをお送りしています。

 

Q.寄付したお金は、具体的にどのように使われますか?
A.皆さまからいただきましたご寄付は、今もっとも支援を必要としている子どもたちへの支援活動に活用されます。例えば、子どもたちが学校に入学し、質の高い教育を受けられるよう学校環境の整備改善、教員研修などの教育支援や、妊産婦・母親への栄養指導などの支援を行い乳幼児の栄養不良や死亡を防ぎます。その他にも、自然災害や人道危機の被害にあった子どもや地域社会への迅速な支援、暴力・虐待・搾取などから子どもたちを守る、子どもの保護事業、地域社会の課題に対して、子どもが意見を表明する機会づくりの促進、将来起こり得る災害の危機に備えて被害や損失を減少させる防災(災害リスク軽減)活動を行っています。また、子どもにかかわる問題に対し、政策目標を実現するため政策決定者や個人、組織に対して働きかけを行うなど様々な活動を展開しています。

 

Q. 1回限りの寄付ではなく、なぜ毎月の寄付が必要なのですか?
A. 個人支援者様からの継続的なご支援は、日本や世界各国での子どもたちのための紛争・災害などの緊急人道支援、保健・栄養、教育、子どもの保護事業等の大切に活用させていただいております。
2018年には世界約120ヶ国で、約4000万人以上の子どもたちに支援を届けました。しかしながら、依然として、世界では4億2000万人の子どもたちが紛争下に暮らしています。こういった子どもたちを守り抜いていくために、個人支援者様に継続的にご協力いただくことが非常に重要になってきます。

 

Q. 支援対象国や支援分野を限定した寄付はできますか?
A. 現時点では、緊急実態発生時に迅速に被災者への支援を行うことを目的とした「いのち・みらい貯金箱」という寄付制度はございますが、それ以外で、用途や地域を指定したご寄付を承っておりません。
セーブ・ザ・チルドレンは約120ヶ国で活動しておりますが、今もっとも支援を必要としている子どもたちへの迅速で、持続的な支援活動に活用させていただくため、支援対象国や支援分野を限定しない、毎月寄付(SCサポート)へのご支援をお願いしています。

 

Q. 寄付の決済方法、口座引落日はいつですか?
A. 継続ご支援の場合には、クレジットカードまたはゆうちょ銀行など銀行口座からの口座振替がご利用いただけます。クレジットカードの場合は毎月10日、口座振替の場合には毎月27日(金融機関休業日の場合はその翌営業日)に手続が行われます。通帳(明細)には、「NSSCJ」と記載されます。
クレジットカードの場合、お申込みいただきました金額は、各カード会社との規約に基づきご指定口座からの振替となります。振替日につきましては、各クレジットカード会社より送付されるご利用明細でご確認ください。

 

Q. 毎月の寄付金額の変更や、支援の中止は可能ですか?
A. ご希望される1カ月前までに、セーブ・ザ・チルドレンの事務局までお電話もしくはEメールでご連絡いただくことで支援金額(種類)の変更、支援の中止が可能です。

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的にアニュアルレポートや会報誌をお送りしています。