新型コロナウイルス感染症の影響を受ける国内、海外の子どもたちへ、多くの企業の皆さまからたくさんのさまざまなご支援をいただいております。ご支援に心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける国内、海外の子どもたちへ、多くの企業の皆さまからたくさんのさまざまなご支援をいただいております。ご支援に心より感謝申し上げます。

(9月10日現在の状況。毎月一回程度更新していきます)

 

 

 

ご寄付としての支援

国内外での新型コロナウイルス緊急支援へのさまざまな支援活動へ企業として、また従業員の皆さまからのご寄付としてご協力いただきました

ご寄付としての支援

国内外での新型コロナウイルス緊急支援へのさまざまな支援活動へ企業として、また従業員の皆さまからのご寄付としてご協力いただきました

ソニーグループ 様
株式会社バーミリオン 様
ディスカバリー・ジャパン合同会社 様
株式会社ファミリーマート 様
株式会社スーパープランニング(ルートート) 様
田辺三菱製薬株式会社・田辺三菱製薬労働組合 様

損害保険ジャパン株式会社 様
株式会社アシックス 様
グラクソ・スミスクライン株式会社 様
BASFジャパン株式会社 様
プロクターアンドギャンブル・ジャパン株式会社 様
塩野義製薬株式会社 様
株式会社サムライ 様
サンヨー食品株式会社 様
ランクセス株式会社 様
いすず質店 様
株式会社リコー 様
株式会社ディノス・セシール 様
株式会社福寿園 様
関西ペイント株式会社 様
エースコック株式会社 様
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
プラダ ジャパン株式会社 様
上野製薬株式会社 様
オリンパス株式会社 様

物資のご支援

 

国内のひとり親家庭応援ボックス(食品、未就学児用遊具)提供やマスク支援などの物資支援にご協力いただきました。

物資のご支援

 

国内のひとり親家庭応援ボックス(食品、未就学児用遊具)提供やマスク支援などの物資支援にご協力いただきました。

 

イケア・ジャパン株式会社 様
UDN Foundation 様
キユーピー株式会社    様
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社  様
全日本空輸株式会社 様
サンヨー食品株式会社  様
株式会社フォーシーズホールディングス  様
一般社団法人大阪青年会議所  様
Peach Aviation 株式会社  様
サントリーグループ  様
プロクターアンドギャンブル・ジャパン株式会社 様
アサヒグループホールディングズ株式会社  様
エースコック株式会社 様
ステッドラー日本株式会社 様

プロボノとしてのご支援
 
国内の放課後児童クラブ(学童保育)指導員向けのオンライン「衛生管理」講座開催事業へ講師として知見・ノウハウを提供いただいています。5月下旬に、まずはパイロット版を開催し、6月16日に第1回目の「衛生管理」講座をZoomで繋いで開催し、20学童にご参加いただきました。7月以降も、月に1~2回ずつ開催予定です。
 
グラクソ・スミスクライン株式会社 様

プロボノとしてのご支援
 
国内の放課後児童クラブ(学童保育)指導員向けのオンライン「衛生管理」講座開催事業へ講師として知見・ノウハウを提供いただいています。5月下旬に、まずはパイロット版を開催し、6月16日に第1回目の「衛生管理」講座をZoomで繋いで開催し、20学童にご参加いただきました。7月以降も、月に1~2回ずつ開催予定です。
 
グラクソ・スミスクライン株式会社 様

ご支援いただいた企業のご担当者さまの声

ご支援いただいた企業のご担当者さまの声

田辺三菱製薬株式会社
総務・法務部 CSR推進グループ 安室由美子 様

田辺三菱製薬株式会社
総務・法務部 CSR推進グループ 安室由美子 様

 

中国でコロナウイルス感染が拡大するさなか、「社内で従業員募金を実施しよう」の声があがりました。

従業員の気持ちを現地に早く確実に届けたい。セーブ・ザ・チルドレンが中国の活動地域で支援を始めるという話を伺い、従業員募金に会社と組合がマッチングした支援金を活用頂くことに。

人々に寄り添った、特に子ども達へのきめ細かな支援をして頂けたことを嬉しく思います。そして、世界に拡大したこの感染が早く終息しますように。

全日本空輸株式会社
CEマネジメント室 商品企画部 
中谷俊様、山崎紀夫様

全日本空輸株式会社
CEマネジメント室 商品企画部 
中谷俊様、山崎紀夫様

 

長期にわたり、航空便の大幅な減便が続く中で、機内サービスとして提供する機会を失った機内食や飲み物に関して、「必要とされている方々にお役立ていただきたい」という声が、機内食に関わる社員達からあがるようになりました。
今回、ANAのCSR活動を通じて、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの取り組みを知り、少しでも力になることが出来ればという思いで関わらせていただきました。現在の状況が、日々、少しずつでも良くなることを、心から願っています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局長からのメッセージ

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局長からのメッセージ

何の前触れもなく世界を襲った、新型コロナウイルス感染。

誰も経験したことがない危機の中で、職員の安全を確保しながら、最も影響を受けやすい脆弱な状態にある子どもたちへの影響を軽減するために、何ができるのか、どうすればいいのか。

セーブ・ザ・チルドレンでは、この3ヶ月間、試行錯誤を重ねながら、活動を展開してきました。

 

企業の皆さま自身が大変な状況を承知のうえで、あえてサポートのお願いをさせていただきました。

そうしたところ、「わずかでも寄付したい」「従業員で寄付を集めるためのイベントを企画している」「自社の商品を提供したい」といったありがたいお申し出を多数いただき、国内では、突然の休校要請のなか感染予防に努めながら子どもたちの受け入れ先になっている学童支援施設や、これまで以上に家計が圧迫されているひとり親家庭向けに食料などを支援する「ひとり親家庭応援ボックス」の提供などの活動を実施しています。

全国的に緊急事態宣言はいったん解除されたものの、残念ながら、今後もコロナウイルス感染症の影響は続くことが予想されます。特に経済的影響は長期化すると考えています。そして、これから夏にかけてはアフリカなどの新興国での感染拡大により、世界中で多くの子どもたちの貧困がさらに拡大していくでしょう。

セーブ・ザ・チルドレンは、これからも日本をはじめ世界中の子どもたちに必要な支援を続けていきます。企業の皆さまの引き続きのご支援をどうぞよろしくお願い致します。

 

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
専務理事・事務局長
三好 集

ご寄付の受付・お問合せ先

セーブ・ザ・チルドレンでは新型コロナウィルス感染拡大への緊急支援に対し、団体・企業の皆さまからのご支援をお願いしております。ご支援について、また支援方法へのご質問、お問合せ・資料請求は以下(または各担当者)までご連絡ください。

ご寄付の受付・お問合せ先

セーブ・ザ・チルドレンでは新型コロナウィルス感染拡大への緊急支援に対し、団体・企業の皆さまからのご支援をお願いしております。ご支援について、また支援方法へのご質問、お問合せ・資料請求は以下(または各担当者)までご連絡ください。

 

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 法人連携チーム
東京:03-6859-0010(平日11:00~16:00※)
大阪:06-6232-7000(平日11:00~16:00※)
Email: japan.corporatepartner@savethechildren.org 

※新型コロナウイルス感染拡大にともなう在宅勤務体制変更のため、受付時間を短縮せていただいております。

新型コロナウイルス緊急支援、活動詳細、ご寄付方法はこちらから

新型コロナウイルス緊急支援、活動詳細、ご寄付方法はこちらから