活動レポート

4月2日から第一期の募集を行った、子どもたちの夢やチャレンジをサポートする “夢実現プロジェクト”。助成を受ける120団体の選出が行われ、各団体の活動が6月1日から順次スタートしました。

4月末までの申請期間に受け付けた応募総数は323件にのぼり、子どもたちの描くゴールや震災の影響、地域への貢献などを考慮し厳選なる審査を行った結果、当初の予定数を大きく上回る、120団体に支援が決定しました。
申請の中には「僕たちは、住むところも学校も仮設です。柔道場も借りている場所です。30年以上続く団体を僕たちの代で失くしたくないと思います」「さびしくくらしているお年よりに日本のうつくしいきょくをえんそうしてなぐさめたいです」など、子どもたちの夢やチャレンジが書かれた夢シートを添付している団体が多く見られました。
また、「こうした子どもたちの夢をかなえるためにも思い切り活動をさせてやりたい、子どもたちが元気になることで地域が活性化されることを望んでいる」という大人たちの切なる思いも込められていました。本プロジェクト第一期の活動期間は、6月1日から10月31日で、今後支援対象団体は、手続きを進めながら順次活動を行っていきます。なお、第ニ期の募集は10月を予定しております。

◆助成支援団体一覧はこちら →スポーツ分野 文化分野 (PDFファイル)

◆助成支援団体数

【夢実現プロジェクト第一期実施概要】
助成支援団体数:計120団体 (岩手県 23、宮城県 32、福島県 65)
助成事業期間:2012年6月1日〜10月31日
助成支援団体:被災地地域で活動する学校、コミュニティ団体(※)
(例:小学校〜高等学校の運動部、文化部、地域のスポーツ少年団、子ども向け文化活動団体、子ども会、子ども向けのPTA/自治会/ボランティアグループ/ 伝統芸能保存会/任意団体等)

(※)団体の拠点を有する地域
岩手県:(陸前高田市、釜石市、大船渡市、山田町、大槌町)
宮城県:(石巻市、東松島市、気仙沼市、七ヶ浜町、名取市、多賀城市、亘理町、山元町)
福島県:全域

助成内容: 1団体あたり上限50万円での助成金支給 
(大会や練習試合等への遠征費(参加費、交通費、宿泊費等)や、震災により破損・流失した備品等の購入費、練習・試合用ユニフォームなどの購入費や実際の備品の提供などを含む)
団体の活動地域は、岩手県、宮城県、福島県 他

※今後の活動の様子は「夢実現プロジェクト」ウェブサイトにアップしていく予定です。