夢実現プロジェクト 現地レポート

のマークがあるものは、子どもリポーター・プロジェクトによる現地レポートです。

宮城県農業高等学校写真部

2013/12/01 被災地のボランティアを伝える

未だ見つからぬ遺体を探すボランティアの皆さん。

側溝を一つずつ外して探す。一つ一つ丁寧に…。

女性はテコの原理の道具で側溝を外していた。

全員の思いは一つ。遺体を家族の元へ返したい。

掘ってから、探し、見つからなければ元に戻す。

津波の恐ろしさはそこに居るだけで伝わる。

私達が被災地に行くと偶然ボランティアの方々にあいました。「何をしているんですか?」「遺体を探しています。ここは埋め立てられるから、その前に可能性がある場所を探しているんです。」無償で活動を続ける姿に感動しました。私達は現状を伝えるために「写真をとってネットで紹介してもいいですか?」と言うと快く了解してくれました。

レポーターになってみて

Sorry, this entry is only available in 日本語.