活動レポート

7月15日、東北大学川内キャンパスで開催された『学都「仙台・宮城」サイエンスデイ』にて、セーブ・ザ・チルドレンとソニー株式会社の協働プロジェクト「RESTART JAPAN」の支援によりソニー・サイエンスプログラムが行われました。
『学都「仙台・宮城」サイエンスデイ』は「科学って、そもそもなんだろう?」をテーマに、「科学の【結果に至るまでのプロセス】を子どもから大人まで五感で体験できる日」をコンセプトに、古くより「学都」として知られる仙台・宮城の地において、2008年から毎年開催されている科学イベントです。
80を超える出展の中、「RESTART JAPAN」はソニーの科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」でも大人気で、東北では初開催となる「分解ワークショップ」を事前にお申し込み頂いた親子ペアに午前・午後の各回20組40名を対象に開催しました。

当日の詳しい様子などはこちらをぜひご覧ください!