トップページ > プレスルーム  > 大学生×社会人 考えよう 紛争下の教育のためにわたしたちができること SWOCユースワークショップ

(公開日:2020.01.28)
大学生×社会人 考えよう 紛争下の教育のためにわたしたちができること SWOCユースワークショップ

子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレンは、2019年より、グローバルキャンペーン「#この手で止める STOP THE WAR ON CHILDREN 紛争下の子どもを守ろう」を世界各地で展開し、紛争下の子どもたちが守られるよう日本政府を含む世界のリーダーに対し、政策提言(アドボカシー)を行っています。また、日本国内では、アドボカシーにくわえて、写真展や講演会、セミナーなどのイベントや、ソーシャルメディアネットワークを通して、紛争下の子どもたちの状況を広く伝える活動をしています。


こうした活動の一環として、2月11日に、大学生や社会人を対象に、ワークショップを開催します。本ワークショップのテーマは「紛争下の教育」。紛争下の子どもたちにとって教育はどのような意味を持ち、どのような教育のあり方が求められているのか、昨年10月に立ち上がった大学生4人によるSWOCユースメンバーがファシリテーターを務め、参加者と一緒に考えていきます。

報道機関の皆さまにおかれましては、より多くの方に本ワークショップに参加いただけるよう、ぜひ周知へのご協力と、当日のご取材をお願いいたします。
当日のプログラム含むワークショップのチラシはこちら

大学生×社会人 考えよう 
紛争下の教育のためにわたしたちができること
SWOCユースワークショップ

【日時】2020年2月11日(火・祝)14:00〜17:00
【会場】TKP市ヶ谷カンファレンスセンター カンファレンスルームB1A(B1F)
〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル
【定員・対象】30人。国際協力・開発協力、人道支援、国際教育、難民、平和、紛争問題など、グローバルな課題に興味関心のある大学生、大学院生、社会人、一般の方。※18歳未満の方で参加希望の場合は要連絡。
【参加費】無料

【申込先】開催日の3日前までに、ウェブサイトの申込みフォームよりお申込ください。
【問合わせ】公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(担当:川口)
Email:japan.advocacy@savethechildren.org/TEL:03-6859-0015 (平日10:00〜18:00)/FAX:03-6859-0069


プレスリリースのダウンロードはこちら


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 広報
TEL: 03-6859-0011 E-mail: japan.press@savethechildren.org


あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP