トップページ > スタッフブログ > 提言・声明 > 【声明】ミャンマーの情勢に対するセーブ・ザ・チルドレンの声明

提言・声明
(公開日:2021.03.07)

【声明】ミャンマーの情勢に対するセーブ・ザ・チルドレンの声明

 
セーブ・ザ・チルドレンは、2月1日に国軍によるクーデターが開始して以降、ミャンマー全土に広がる治安部隊によるデモ参加者への銃撃に愕然とし、強い憤りを感じています。特に、子どもや若者への攻撃を非難し、治安部隊にこれらの致命的な攻撃を直ちに終わらせるよう求めています。

治安部隊は実弾を使って非武装のデモ参加者に向けて発砲しており、その多くは若い人々です。3月3日の時点で4人の子どもが銃撃などにより命を落としています。さらに多くの子どもたちが負傷しており、また家の中まで入ってくる催涙ガスの影響で苦しんでいます。

セーブ・ザ・チルドレンとそのパートナー団体は、被害を受けた子どもたちとその家族に対して、可能な限りの支援活動を行っていますが、治安の悪化と新型コロナウイルス感染症の影響により、その多くは遠隔で行わなければなりません。そして、多くの子どもたちが喫緊に必要としている支援を受けられていません。

この危機による子どもたちへの心理社会的影響は憂慮すべきものです。多くの子どもたちが、暴力的な取り締まりが引き起こしている恐怖、ストレス、喪失感に苦しんでいます。子どもたちや家族は、目撃した暴力に対処することに困難を抱え、長期的なトラウマに陥る可能性があります。

セーブ・ザ・チルドレンは、さらに多くの子どもたちが死傷する前に、治安部隊と当局に対し、暴力を止め、集会や表現の自由を含む市民の権利を尊重するよう求めます。日本政府を含む世界のリーダーたちに、治安部隊の残忍な行為に対して、ミャンマーの人々の命と自由を守るために、一致団結して行動することを要請します。

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP