トップページ > スタッフブログ > ミャンマー >  【ミャンマー】治安部隊により複数名の子どもが死亡−3月27日に最多の犠牲者

ミャンマー
(公開日:2021.03.30)

【ミャンマー】治安部隊により複数名の子どもが死亡−3月27日に最多の犠牲者

 
軍事クーデターで情勢が悪化しているミャンマーで、現地時間3月27日に、治安部隊により複数の子どもたちを含む少なくとも91人が死亡したと報じられています。この日の犠牲者数は、2月1日のクーデター開始以降、1日の犠牲者としては最も多かったとみられています。また、クーデター開始からすでに328人が亡くなっています。

セーブ・ザ・チルドレンは以下のように訴えます。
「私たちは、抗議デモを行う人々への攻撃対象に子どもたちが依然として含まれていることに恐怖を感じています。自宅にいながら銃撃を受けて亡くなった6歳(*)の少女をはじめ、子どもたちが殺害されており、ミャンマーにいる子どもたちは安全な状態にいるとは言えません。今日も、1歳の子どもがゴム弾で目を撃たれました。ミャンマーの子どもたちには、暴力を受けずに育つ権利があります。これほど多くの子どもたちが、ほぼ毎日のように命を落としていることは、治安部隊が人命を完全に無視していることを示しています。

いかなる状況においても、子どもたちの安全は最優先され、守られなければなりません。私たちは、さまざまな危機において、幾度となく子どもたちがその代償を払ってきた姿を目にしてきましたが、子どもたちは無実の犠牲者です。ミャンマーの子どもたちを守る唯一の方法は、すべての人々に対する暴力を完全に止めることです。だからこそ、私たちは、さらに多くの子どもたちが殺されたり、傷を負う前に、抗議活動を行う人々への攻撃を直ちに止めるよう、改めて訴えます。」

セーブ・ザ・チルドレンとパートナー団体は、暴力を目の当たりにした子どもたちに対する精神保健・心理社会的支援(こころのケア)の提供など、影響を受けた子どもたちやその家族に、可能な限りの支援を行っています。


(*)当初犠牲となった子どもの最少年齢は7歳と発表しましたが、その後確認を進めたところ6歳であることが判明したため修正しました。(2021年4月1日付)

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP