• ニュース一覧
  • 定期発行物
  • プレスルーム
  • ボランティア情報

ファミリーマート、ベトナム教育支援で、スポーツ備品を贈呈

株式会社ファミリーマートからは、1993年より全店での募金箱設置をはじめ、チャリティ年賀状などの売り上げ一部寄付のほか、海外・国内の子ども支援活動に継続的に強力なサポートをいただいています。
詳しくはこちらをご覧ください。

この度、同社より、本年ご支援をいただいている「ベトナム国ホーチミン市 学校教育における家族の参加推進事業」の一環として、対象校へのスポーツ備品贈呈式が8月12日(木)、ベトナム国ホーチミン市クチ地区トゥルンラップ中学校・高校(事業の対象校4校のうちの2校)において行われました。

贈呈式の様子
贈呈式の様子(右側がファミリーマート山下様)

トゥルンラップ校はホーチミン市街地から約50km離れた貧困地区にあり、生徒たちの中には貧困家庭から来る子どもも多く、家庭環境、学習環境ともに様々な問題を抱えています。

贈呈式は、生徒たちの歓迎の音楽演奏で幕を開け、トゥルンラップ学校長レハ・カン氏の開会の言葉、ファミリーマート ベトナム代表の山下純一様からのご挨拶、SCJ の越川芳枝ベトナム駐在員からの感謝の言葉に続き、スポーツ備品一式(※)が贈呈されました。そして、生徒および保護者代表から感謝と喜びが述べられた後、生徒とその家族は、スポーツ備品を使用した「ファミリー交流会」を来賓を交えて一緒に楽しみました。

早速サッカーを楽しむ子どもたち
早速サッカーを楽しむ子どもたち

※【贈呈されたスポーツ備品の内容(トゥルンラップ中学校・高校合計)】
  ・バスケットボール・シュート 1組
  ・バスケットボール 8個
  ・サッカーボール 6個
  ・バレーボール 9個
  ・高跳び用マットレス 2枚
  ・バドミントン・ラケット 14本
  ・バドミントンの羽根 7個(12個入り)
  ・タイムキーパー(10LAP)2個


以下は、女子高校生、グエン ティエンさんの言葉です。

「今日はとてもうれしかったです。私たちの親が学校に来てくれスポーツイベントに参加してくれました。どうやったら上手にできるか話しながら、サッカーも、バレーボールも、バドミントンも、家族で遊ぶことができて、本当に楽しいイベントでした。それに、親が、私たちの学校での普段の様子を知る機会にもなったと思います。これからも、コミュニケーションについて話をするいい機会となればと思います。
最後になりましたが、セーブ・ザ・チルドレン、ホーチミン市教育局、また特にファミリーマート様に感謝を申し上げます。私たちの学校にはスポーツ用具がなかったため、いろいろなスポーツの備品を提供してくださって、本当にうれしいです。これから学校が楽しくなりそうです。」

スピーチする女子学生
スピーチする女子学生


【ファミリーマートとベトナム、SCJ】
株式会社ファミリーマートは、2009年よりベトナムに出店し、現在ホーチミン市内に3店舗が展開されています。ベトナムにおいては2009年の台風災害に対する緊急支援活動にもSCJを通じご支援いただきました。


【支援の概要について 〜 ベトナム国ホーチミン市 学校教育における家族の参加推進事業】

  • 背景: ベトナムでは、2000年より保護者やコミュニティを巻き込む形での子ども視点での教育という新カリキュラムが取り入れられたが、学校での実施には依然困難が見られる。
  • 内容: 保護者参加型イベントの実施やファシリテータ−研修などにより、上記カリキュラムへの保護者の理解・参加を促進する。
  • 実施地域: ホーチミン市チャンフー郡及び第3郡
  • 実施期間: 2010年3月〜2010年9月
  • 期待される効果: より多くの子どもたちが、子ども視点での教育を受け、中途退学せず卒業できるようになる。

PAGE TOP