~はじめに~

■なぜ今「こども家庭庁」を作るの?

 

~はじめに~

■なぜ今「こども家庭庁」を作るの?

 

2020年度(2020年4月~2021年3月)、子どもが親などから虐待(ぎゃくたい)を受けたとして児童相談所に相談があって対応した件数や、不登校の子どもの数、そして自殺をしてしまった子ども・若者の数がこれまでで最多となりました。また、全国的にコロナが流行したことで、人と会う機会が減ったり、親の収入が減ってしまい悩んだり苦しい思いをしたりしている子ども・若者が多くいます。

 

どうして、子どもたちを取り巻く状況はここまで厳しいものとなってしまったのでしょうか?みなさんはどんなことが理由として考えられると思いますか。

 

子どもたち一人ひとりの状況(じょうきょう)はそれぞれ異なりますし、原因はさまざまでしょう。しかし、その大きな原因の一つとして考えられるのが、これまで日本では「子どもの権利」が大切にされてこなかったということです。また、子どもたちにとって苦しくて大変な状況を改善したいときに、子どもに関わる大人が、子どもたち自身から意見や声を聴く(きく)ことを重要だと認識していなかったことも、原因の一つとしてあげられます。

 

そこで、このような状況を良くしていくために、子どもに関する取り組みを日本の社会の中心において、子どもの目線で、子どもの権利を大切にして、すべての子どもがその命を守られ、自分らしく健やかに安心して成長することができるように、政府は「こども家庭庁」という新しい国の組織を作るための法律案を2022年2月に国会に提出しました。その法案が6月に可決(賛成)され、こども家庭庁ができることが決まりました。具体的な役割について、この後も様々な話し合いが持たれた後、こども家庭庁は2023年4月1日にスタートする予定です。

 

COMING SOON: 内閣官房こども家庭庁設立準備室「こども家庭庁の目的や役割について(動画)」

■ 「子どもの権利」って?

 

■権利ってなんだろう
権利とは、社会のルールに従うことを条件として認められる、「〇〇してもいい」、「▼▼しなくていい」という資格のようなものです。例えばお金を払(はら)って商品を買うとき、お金を払(はら)うというルールを守れば、商品を受け取る「権利」が生じます。

■ 「子どもの権利」って?

 

■権利ってなんだろう
権利とは、社会のルールに従うことを条件として認められる、「〇〇してもいい」、「▼▼しなくていい」という資格のようなものです。例えばお金を払(はら)って商品を買うとき、お金を払(はら)うというルールを守れば、商品を受け取る「権利」が生じます。

 

■人権ってなんだろう
権利のなかでも、間であればだれもが当たり前に持っている利のことを、「人権」といいます。生きること。自由に意見を言うこと。勉強すること。暴力から守られること。病気やケガをしたときに治療(ちりょう)を受けられること。これらは「すべての人間が、生まれたときから持っている権利」、すなわち人権です。

人権は権利の一つですが、最も大切で特別なもので、お金を払ったり、テストに合格したり、その他何かをしてその引き換え(ひきかえ)じゃないと手に入れられないものではありません。「人間として生まれたこと」、ただそれが唯一(ゆいいつ)の人権を持つための「資格」です。

 

■「子どもの権利」って?
そして、「子どもの権利」とは、子どもの人権のことです。「権利」と書いてあるものの、「人権」のことなので、ややこしいですよね。みなさんが「人間として生まれ」、かつ「18才未満の子ども」であれば、誰(だれ)でも「子どもの権利」を持っています。「なにかをしなくちゃ、子どもの権利は持てないんだ」、ということは絶対にありません。みなさんが持つ人権=「子どもの権利」はとても大切で、誰からもどんな状況下でも奪(うば)われてはならないものです。だからこそ、自分が持つ「子どもの権利」だけでなく、自分以外の人の「子どもの権利」も、同じように大事にすることがとても大切です。
※子どもの権利についての詳しい内容はこちらから

■こども家庭庁が大事にすること 

 

こども家庭庁は、いつも「子どもにとって最も良いことはなにか」を考えながら仕事をしなければなりません。子どもの権利を守ることが仕事です。そのために、こども家庭庁とし、「何を大事な方針にするのか」、「どのような政策が必要なのか」ということが、6つの「基本方針」としてまとめられています。この基本方針は、内閣総理大臣とすべての大臣による会議(閣議)で決められたものです。

■こども家庭庁が大事にすること 

 

こども家庭庁は、いつも「子どもにとって最も良いことはなにか」を考えながら仕事をしなければなりません。子どもの権利を守ることが仕事です。そのために、こども家庭庁とし、「何を大事な方針にするのか」、「どのような政策が必要なのか」ということが、6つの「基本方針」としてまとめられています。この基本方針は、内閣総理大臣とすべての大臣による会議(閣議)で決められたものです。

 

基本方針
① 「こどもや子育てをしている人の目線に立った政策を作ること」
② 「すべてのこどもが心も身体も健康に育ち、幸せになること」
③ 「だれひとり取り残さないこと」
④ 「政府の仕組みや組織、こどもの年齢(ねんれい)によって、こどもや家庭への支援(しえん)が途切れ(とぎれ)ないようにすること」
⑤ 「こどもや家庭が自分から動かなくても、必要な支援が届くようにすること」
⑥ 「こどものデータを集め、それをしっかり政策に活かすこと」
※基本方針の詳(くわ)しい内容については、下にある〈テーマ1〉の動画をみてください。

 

●子ども・若者から寄せられた意見の例
・こどもにとってなじみやすいSNSなどを使った広報や情報の発信を行う
・こどもと近い目線・価値観で対応することができる「お兄さん」「お姉さん」的な支援者による支援(しえん)を進める
・児童養護施設(しせつ)(生まれた家庭で生活することが困難だと判断されたこどもが入所する施設)での生活の決め事などはこどもの意見を聴いて、より良くしていく
・一時保護所(虐待(ぎゃくたい)や家族が育てられないなどの理由で、家庭から一時的に離(はな)れて暮らす場所)からも学校に行けるようにし、一時保護所での行動の制限をどうしても必要なものだけにする
(内閣官房(かんぼう)「こども家庭庁について」より引用)

 

■ そもそも「省庁」ってどんな機関

 

日本には1府12省庁の「省庁」があり、学校のことは「文部科学省」、健康や子育て、労働に関することは「厚生労働省」など、それぞれが別々の役割を持って国の仕事を進めています。また、2011年の東日本大震災(しんさい)の後に作られた「復興庁」や国と自治体のデジタル化を進める「デジタル庁」のように、社会の状況(じょうきょう)によって新しい機関が作られることもあります。今回作られる「こども家庭庁」が担当する国の仕事は、子どもと子育てに関わることです。

 

※こども家庭庁の担当する仕事については、下にある〈テーマ2〉の動画をみてください。

 

■「政策」ってなに

 

「政策」とは、政府や政党が政治を行うための方針や手段のことを指します。
子どもに関わる政策は、例えば、幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3才から5才までのすべての子どもたちの施設(しせつ)の利用料を無くした幼児教育・保育の無償化(むしょうか)制度や、国や地方公共団体、学校にいじめを防止するための対策を定めることを求める「いじめ防止対策推進法」などが挙げられます。

また、みなさんにとっては子どもたちの英語力をアップさせるために行われた「小学校5年生からの英語の教科化」や、インターネットを活用して子どもたち一人ひとりの学びの充実(じゅうじつ)を目指す「児童生徒一人一台コンピューター(GIGAスクール構想)」などは、なじみが深いかもしれません。
このような子どものための政策のうち、学校に関するもの以外の大部分を子ども家庭庁が担当する予定です。

■こども家庭庁ができたらどんなことが変わるの

 

<子どもたちがもっと参加できる!?>
こども家庭庁の政策の中では、「こども・子育てをしている人のwell-being(幸せ)・参画・視点を重視」ということが書かれています。このことから、今後こども家庭庁ができると国や地方の政治に対してこれまでよりも活発に子どもや若者の参画を促(うなが)したり、聴(き)いてそれを活かすための取り組みが進んだり、これまで「大人目線」で考えたり決められていたことが、今までよりも「子ども目線」を取り入れながら変化したりすることが考えられます。
※全国各地でこれまでに行われてきた子ども参画のための取り組みの例については、下の〈テーマ3〉の動画で近日ご紹介予定です。楽しみにしていてくださいね。

■こども家庭庁ができたらどんなことが変わるの

 

<子どもたちがもっと参加できる!?>
こども家庭庁の政策の中では、「こども・子育てをしている人のwell-being(幸せ)・参画・視点を重視」ということが書かれています。このことから、今後こども家庭庁ができると国や地方の政治に対してこれまでよりも活発に子どもや若者の参画を促(うなが)したり、聴(き)いてそれを活かすための取り組みが進んだり、これまで「大人目線」で考えたり決められていたことが、今までよりも「子ども目線」を取り入れながら変化したりすることが考えられます。
※全国各地でこれまでに行われてきた子ども参画のための取り組みの例については、下の〈テーマ3〉の動画で近日ご紹介予定です。楽しみにしていてくださいね。

 

<その他の具体的な取り組み(作成中)>
こども家庭庁が具体的にとりくむ政策について、今議論が進められています。具体的に取り組むことが決まれば、少しずつ追加をしていきます。

<テーマ1>こども家庭庁が大事にすること

こども家庭庁の「基本方針」では、これからの「子ども政策」を進めるときに大事にすることを6つ、こども家庭庁が大切にする姿勢を3つあげています。
→くわしい説明は動画をみよう

<テーマ1>こども家庭庁が大事にすること

こども家庭庁の「基本方針」では、これからの「子ども政策」を進めるときに大事にすることを6つ、こども家庭庁が大切にする姿勢を3つあげています。
→くわしい説明は動画をみよう

<テーマ2>こども家庭庁の仕事

こども家庭庁は、「内閣総理大臣」、「こども政策担当大臣」、「こども家庭庁長官」をリーダーにします。
その人たちの下に「企画(きかく)立案・総合調整部門」、「生育部門」、「支援(しえん)部門」という3つの部門を作り、それぞれの仕事を行います。
→くわしい説明は動画をみよう

<テーマ2>こども家庭庁の仕事

こども家庭庁は、「内閣総理大臣」、「こども政策担当大臣」、「こども家庭庁長官」をリーダーにします。
その人たちの下に「企画(きかく)立案・総合調整部門」、「生育部門」、「支援(しえん)部門」という3つの部門を作り、それぞれの仕事を行います。
→くわしい説明は動画をみよう

<テーマ3>全国各地の子ども・若者が参加する仕組みの例

こども家庭庁が特に大事にするポイントの一つは、「子どもの声を聴(き)くこと」とされています。
これまでにも、全国のさまざまな市や町で独自の子ども・若者の意見を聴(き)くための取り組みがされてきました。そのうちのいくつかの事例をご紹介(しょうかい)します。
→くわしい説明は動画をみよう

<テーマ3>全国各地の子ども・若者が参加する仕組みの例

こども家庭庁が特に大事にするポイントの一つは、「子どもの声を聴(き)くこと」とされています。
これまでにも、全国のさまざまな市や町で独自の子ども・若者の意見を聴(き)くための取り組みがされてきました。そのうちのいくつかの事例をご紹介(しょうかい)します。
→くわしい説明は動画をみよう

18才までのみなさんへ
「子どもアンケート あなたの声をきかせてください」

18才までのみなさんへ
「子どもアンケート あなたの声をきかせてください」

 

自分の生活について、子どもの権利について、そしてこども家庭庁のことについて、みなさんはどう考えますか。
私たちセーブ・ザ・チルドレンでは、18才以下のみなさんを対象に、 どうしたらより多くのみなさんが子どもの権利について学ぶ機会を持ち、より多くのみなさんが自分たちの声をあげやすい社会を実現できるのかについて、アンケート調査を行っています。あなたの答えがだれかに知られることはありません。安心して答えてください。

 

・必要な時間:5分~15分ぐらい
・回答のしめきり:2022年7月18日(月)23:59まで
・アンケートのテーマ:こども家庭庁の発足準備と子どもの権利
回答はこちら→https://bit.ly/3HqIwqS
※アンケートリンク内に説明があるので、よく読んでください

 

私たちは世界中で子どもを助ける活動をしています。
みなさんの声をもとに、日本に住む子どもたちの生活をより良くするために、政治や社会に働きかけます。 ぜひアンケートに参加してくださいね!

 

■保護者の方へ:本調査は、セーブ・ザ・チルドレンの子どものセーフガーディング指針に則って、子どもへの影響と安全に配慮した企画とデータ収集に努めています。また、お子様がアンケートを受ける際の注意事項等については、アンケート回答画面に表示される『保護者のみなさまへ』をご覧ください。その他ご意見やお問い合わせにつきましては、下記のお問い合わせ先へご一報いただけますと幸いです。

【問い合わせ先】 
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン アドボカシー部 担当:山内・村上
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F
Tel: 03‐6859‐0015(平日9:00~17:30)
メールアドレス: japan.advocacy@savethechildren.org

【問い合わせ先】 
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン アドボカシー部 担当:山内・村上
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F
Tel: 03‐6859‐0015(平日9:00~17:30)
メールアドレス: japan.advocacy@savethechildren.org

 

セーブ・ザ・チルドレンについて
セーブ・ザ・チルドレンは、日本を含(ふく)む世界約120ヶ国で子ども支援(しえん)活動を行う、民間・非営利の国際NGOです。生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」が実現された世界を目指し、100年以上にわたり活動しています。