【シリーズ第6回:みんなで考えよう!しぜんさいがいとぼうさい】かんせんしょうがりゅうこうしている中でさいがいがおきた時ひなん生活はどうしたらいい?

前回は、避難所(ひなんじょ)での()ごし方などについて、お(つた)えしました。今回は、感染症(かんせんしょう)流行(りゅうこう)している時の避難所(ひなんじょ)()ごし方や、気をつける点などについて紹介(しょうかい)していきます。


《私たち一人ひとりが気をつけること》

避難所(ひなんじょ)では、多くの人が(あつ)まっていっしょに生活するため、感染症(かんせんしょう)流行(りゅうこう)しやすいです。今は、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症(かんせんしょう)流行(りゅうこう)していますが、過去(かこ)災害(さいがい)の時には避難所(ひなんじょ)でインフルエンザやノロウイルスなどの感染症(かんせんしょう)流行(はや)ったことがありました。そのため、子どもも大人も、避難所(ひなんじょ)にいる人、一人ひとりが感染症(かんせんしょう)にうつらない、うつさないための行動(こうどう)をとることが大切です。手洗(てあら)いや(せき)エチケット、マスク着用(ちゃくよう)などの基本的(きほんてき)感染症(かんせんしょう)対策(たいさく)にくわえ、ドアノブやトイレなど、多くの人がさわる(もの)場所(ばしょ)をしっかり消毒(しょうどく)をしたり、洗面(せんめん)用具(ようぐ)やタオルなどを他人(たにん)共有(きょうゆう)しないことなどが大切です。

 


感染(かんせん)予防(よぼう)観点(かんてん)からの子どもの安全(あんぜん)(あそ)び場づくり》

避難所(ひなんじょ)設置(せっち)する子どもたちの(あそ)び場でも、感染症(かんせんしょう)対策(たいさく)をしっかり行うことが大切です。2016年、熊本(くまもと)地震(じしん)被災(ひさい)した益城町(ましきまち)避難所(ひなんじょ)にセーブ・ザ・チルドレンが設置(せっち)した「こどもひろば」で、子どもと大人が協力(きょうりょく)して感染症(かんせんしょう)対策(たいさく)を行ったことがあります。小さい子どもが(ゆか)寝転(ねころ)んで遊んだりするため、「こどもひろば」の室内を土足(どそく)禁止(きんし)にしました。また、室内(しつない)換気(かんき)のために(まど)()けて風通しをよくしたり、使(つか)()わった(あそ)道具(どうぐ)(しょう)(どく)したりしました。それから、「こどもひろば」に入退(にゅうたい)(しゅつ)()手洗(てあら)いや(せき)エチケットを徹底(てってい)しました。

こうした取り組みにくわえ、体調(たいちょう)が少しでも(わる)い時や体調(たいちょう)(わる)家族(かぞく)がいる場合は、大人数で(あつ)まる(あそ)び場などの利用(りよう)(ひか)えてもらうことも大切です。熊本(くまもと)地震(じしん)支援(しえん)の時、「こどもひろば」のボランティアの体調(たいちょう)(わる)くなったことがあり、避難所(ひなんじょ)医療(いりょう)支援者(しえんしゃ)のアドバイスで活動(かつどう)を休んでもらったことがありました。このように、一人ひとりが感染(かんせん)予防(よぼう)(つと)めることが大切です。

 


(かぎ)られたものや空間の中でも工夫(くふう)しながら(あそ)ぶ》

万が一、避難(ひなん)生活(せいかつ)の中で、体調(たいちょう)(わる)くなったり、家族(かぞく)体調(たいちょう)(わる)い人がいた場合、一人で()ごすこともあるかもしれません。そんな時に(そな)え、非常用(ひじょうよう)()()し袋の中にトランプや()り紙、本など、ひとりで(あそ)べるアイテムを入れておくと、いざというときに役立(やくだ)つかもしれません。また、避難所(ひなんじょ)などの(せま)い空間の中でも、ずっと体を(うご)かさずにいるのは、健康(けんこう)によくありません。避難所(ひなんじょ)などスペースが(かぎ)られた空間でも、普段(ふだん)より意識(いしき)して体を(うご)かすことは大切です。東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)の時、子どもや高齢者(こうれいしゃ)などが(あつ)まって毎朝ラジオ体操(たいそう)をしていた避難所(ひなんじょ)もありました。児童館(じどうかん)児童(じどう)クラブの情報(じょうほう)サイト「コドモネクスト」では、ひとりでも、友だちや家族といっしょでもできる体を動かす(あそ)びなどを紹介(しょうかい)していますので、参考(さんこう)にしてください。➡ https://kodomo-next.jp/articles/5679bb283984

 

 

《まとめ》

避難(ひなん)生活(せいかつ)の中で、感染症(かんせんしょう)流行(りゅうこう)したり、体調(たいちょう)(くず)したりすることが()いよう、一人ひとりが予防(よぼう)(つと)めることが大切です。マスクや消毒(しょうどく)などの基本的(きほんてき)感染症(かんせんしょう)対策(たいさく)準備(じゅんび)にくわえ、感染(かんせん)予防(よぼう)観点(かんてん)からの安全(あんぜん)(あそ)()や避難所(なんじょ)づくりのためにできることを事前に考えておくことも大切です。

 

 

《さんこうじょうほう》

NHK特設(とくせつ)サイト(さいと)新型(しんがた)コロナウイルスと災害(さいがい) 避難(ひなん)はどうする 避難所(ひなんじょ)での感染(かんせん)予防(よぼう)(さく)は”:https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/disaster/

 認定(にんてい) NPO 法人(ほうじん)全国(ぜんこく)災害(さいがい)ボランティア支援(しえん)団体ネットワーク(JVOAD避難(ひなん)生活(せいかつ)改善(かいぜん)関する専門(せんもん)委員会(いいんかい)新型(しんがた)コロナウイルス 新型(しんがた)コロナウイルス 避難(ひなん)生活(せいかつ)お役立ち サポートブック(さぽーとぶっく) http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2021/05/84318db09b7641cc8a685cb0d0359886.pdf

NHK“コロナ避難ひなん 在宅ざいたく避難ひなんなど避難所ひなんじょ以外へ「分散ぶんさん避難ひなん注意点ちゅういてんは?【動画】”:https://www.nhk.or.jp/shutoken/shutobo/sonae_suigai_08.html

・コドモネクスト“児童館(じどうかん)職員(しょくいん)提案(ていあん)ていあん、「3密みつ」に配慮(はいりょ)した(あそ)あそびhttps://kodomo-next.jp/articles/5679bb283984

・セーブ・ザ・チルドレン“子どもにやさしい非常用ひじょうようし袋チェックリスト”:https://www.savechildren.or.jp/news/publications/download/hijoyoumochidashibukuro_list.pdf

PAGE TOP

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F