報告書・イベント

報告書・ブログ一覧
2020.05.14 報告書『危険が私たちの現実~DANGER IS OUR REALITY』を発表
2020.03.24 イエメン紛争5年 子どもたちのメンタルヘルスに深刻な影響が明らかに
2020.03.08 3月8日国際女性デー 写真で見る「女性たちの紛争経験」
2020.02.13 報告書『子どもに対する戦争を止める2020:ジェンダーと紛争』を発表
2019.10.29 写真展・講演会イベント「紛争下を生きる子どもたち」のお知らせ―紛争下の子どもたちを守るグローバルキャンペーン展開 #この手で止めるSTOP THE WAR ON CHILDREN 紛争下の子どもを守ろう
2019.10.25 半数近くが紛争下の子どもたちに対する関心がある―紛争下の子どもたちに対する意識調査を実施
2019.10.11 10月11日国際ガールズ・デー 詩人テレサ・ローラ氏-紛争の影響を受けるナイジェリアの少女たちと作詩
2019.09.25 人道危機下で子どもたちの最優先事項は「教育を受けること」-報告書『あらゆる困難な状況にあっても教育の機会を』で明らかに
2019.09.11 紛争下の子ども2,400万人以上がメンタルヘルスへの支援必要
2019.09.06 「紛争下の子どもを守る」をテーマにした冊子を作成しました
2019.08.09 報告書『子どもと武力紛争に関する国連事務総長年次報告書』を発表
2019.05.16 報告書『爆傷-爆発兵器が紛争下の子どもに及ぼす影響』を発表
2019.02.15 報告書『子どもに対する戦争を止める』を発表

『子どもに対する戦争を止める』報告書
『子どもに対する戦争を止める2020:ジェンダーと紛争』を発表
2020年2月、セーブ・ザ・チルドレンは、報告書『子どもに対する戦争を止める2020:ジェンダーと紛争(STOP THE WAR ON CHILDREN 2020– GENDER MATTERS)』を発表し、紛争下に住む子どもたちの安全とウェルビーイング(健やかな成長)が大きく脅かされていること、またジェンダーの違いによって紛争下で受ける暴力に差異があることを明らかにしています。また、世界では、4億1,500万人の子どもたちが紛争下に住み、このうち、1億4,900万人の子どもたちが、紛争に関連する年間死者数が1,000人を超える「高強度紛争地域」に住んでいることも明らかにしています。
報告書の詳細はこちら

2019年発表の報告書『子どもに対する戦争を止める:21世紀の紛争下で子どもたちを守る』の詳細はこちら
2018年発表の報告書『子どもに対する戦争:武力紛争下の子どもたちへの暴力を終らせる』の詳細はこちら

冊子
現代の紛争の特徴や紛争下の子どもたちを守るために推進すべき行動について、イラストを用いてわかりやすく説明
「紛争下の子どもを守るといっても、自分にできることがあるのだろうか…」。そのような想いを抱く人は多いのではないでしょうか。しかし、彼らが置かれている状況や、それに対して私たちができることを理解することは、世界の子どもたちの状況に変化を及ぼす一歩につながります。現代の紛争の特徴や紛争下の子どもたちを守るために推進すべき行動について、イラストを用いてわかりやすく説明した当冊子を活用し、ぜひ理解を深めてください。冊子は当サイトから自由にダウンロード・印刷してご使用いただけます。また製本済みの冊子の送付を希望の方は、下記より申し込みください。
冊子の詳細はこちら

イベント・ワークショップ・ユースの活動

遠くの世界で起きている紛争について、日本に暮らす多くの人たち、特に若い世代が知り、理解を深め、自分にできることを考え、行動を起こすことは、紛争下の子どもたちを守る一歩となります。現在、SWOC (スウォック)キャンペーンの多くの活動は、昨年11月に発足したSWOCユースチームと共に進められています。

今後セーブ・ザ・チルドレンやSWOCユースチームが、開催するイベントやワークショップについては、開催日時など決まり次第、随時お知らせします。

2020.02.19 【SWOCユースチーム】ユースチームが主体となり、紛争下の教育について社会人と大学生がともに考えるワークショップを実施