トップページ > セーブ・ザ・チルドレンの活動 > 東日本大震災  > 【子どもの声】「お風呂に入って友だちと一緒になりたいな」(2011.03.17)

【子どもの声】「お風呂に入って友だちと一緒になりたいな」(2011.03.17)

今回の地震と津波の被害に遭われた皆さまに、つつしんでお見舞いを申し上げます。

 

今日は、セーブ・ザ・チルドレンのスタッフが被災地で聞いた、被災者の声をお届けします。

 

 

onigawa_010_Resized.jpg津波で荒廃した街。そこにたたずんでいた被災者の親子、6歳のコウスケさん(6歳・仮名)とお父さんが、被災当時の様子などを話してくれました。

 

「地震が起きたとき、とっさの判断で、息子と妊娠している妻を近くの高台まで引き連れていきました。」とお父さんのタカヒコさん(仮名)。20分後、家族は目前で、大きな波を目撃しました。

 

「大きな波の山がぼくたちの家を飲みこんだ。でも、すぐに、もっともっと高い波がぼくたち目がけてやってきて、全部飲み込んじゃったよ。とってもこわかった。水がなくなって自分の家を見に行ったら、何も残っていなくて、ぼくの好きなおもちゃとかカードもなかった。」

 

今、親子は病院に避難しています。「家に帰りたい。お風呂にはいって、友だちといっしょにいたいな」と、自分の気持ちを伝えてくれたコウスケさん。

 

このように、子どもが何を求めているか、考えているか、子どもの声を聴きながら、セーブ・ザ・チルドレンは、子どもを保護する活動を続けてまいります。

 

皆様のあたたかいご支援をお待ちしております。

 

タカヒコさん、コウスケさん、インタビューに応えてくださり、ありがとうございました。

 

取材日:2011316

取材者:Ian Woolverton from Save the Children

写真撮影:Jensen Walker/Getty Images for Save the Children