ポジティブ・ディシプリン

【〜子どもの力をのばす「しつけ」〜】

イメージ:親子ポジティブ・ディシプリンとは、セーブ・ザ・チルドレンが、カナダ・マニトバ大学家族社会学科ジョン・デュラント教授(臨床心理学博士)とともに考案した、しつけ・子育ての効果的な手法です。
ポジティブ・ディシプリンを自分のものとすることで、子育てにあるストレスや不安を軽減させることが可能になります。

ポジティブ・ディシプリンの特徴は、非暴力に根差し、長期的な目的を設定した上で、子どもの主体性を育んでいくことにあります。子どもの気持ちに寄り添うため、子どもの一般的発達理解も進めます。

<ポジティブ・ディシプリンのフレームワーク>
  1. 長期的なゴールを定める。
  2. 愛情(優しさと安心)を注ぎ、論理的に情報とガイドを提供する。
  3. 発育段階に応じた子どもの気持ちを理解する。
  4. 課題解決型の手法をとる。

ポジティブ・ディシプリンのフレームワーク
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、

  • 翻訳本の出版
  • 自治体、地域のNPO、企業などとの協働によるワークショップ、セミナーの実施
を通じて、ポジティブ・ディシプリンを皆さんと共にさらに広めてまいります。
ポジティブ・ディシプリン実践例はこちら

※出版、ワークショップ開催など詳細に関しては、
center@savechildren.or.jp(子どもの権利推進部)までお問い合わせください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆

【なぜ、今、日本でポジティブ・ディシプリンなのか?】
  • 「しつけ・子育て」を見直す親(保護者)が増加しているため。
  • 多くの親(保護者)が、Howtoではない、「しつけ・子育て」の筋道ガイドを必要としているため。
  • 子どもの主体性を育てることが、多くの親(保護者)、そして社会の願いとなっているため。
  • 「しつけ・子育て」に原因の根があるとされる、いじめ、若者の反社会的行動が社会の問題となっているため。
  • 男女間暴力をなくすため、子ども期における教育が必要とされているため。

     
 

PAGE TOP