トップページ > スタッフブログ > フィリピン > フィリピン台風30号緊急支援【第6報】急がれる医療支援(2013.11.22)

フィリピン
(公開日:2013.11.22)

フィリピン台風30号緊急支援【第6報】急がれる医療支援(2013.11.22)

 

医療専門家チームと移動診療車で被災者への医療支援を実施


セーブ・ザ・チルドレンとイギリス政府が派遣した12名からなる医療専門家チームは、現在2チームに分かれて被災者の医療支援にあたっています。


18日午前にタクロバンに到着した6名の外科医チームは、オーストラリア政府が運営するタクロバンの野営病院で、治療を開始しました。


©Dawn Trump/Save the Children


治療を求めて、何百人もの被災者が野営病院を訪れます。傷口から感染症にかかっている子どもや、下痢や栄養失調などの症状が出ている子どもたちが多く、放っておくと死にいたる場合もあります。


■ウィリアムさん(4歳)


ウィリアムさんは、台風の直後に負傷して救急治療を受けたそうです。しかし、その後傷口から重篤な感染症にかかり、外科医による片足の切断手術を受けました。



©Dawn Trump/Save the Children


■アリサさん(4歳)


台風のときに頭に木片が刺さってしまったアリサさん。木片を取り除くための再手術を受ける順番を、お母さんと一緒に待っています。


©Dawn Trump/Save the Children


医療システムが機能していない今のタクロバンで、セーブ・ザ・チルドレンはイギリス、オーストラリア政府と協力しながら、子どもたちの命を救うための手術や治療を実施しています。


■孤立した地域に向かう救急医


3名の救急医を含む別チームは、陸路が遮断されて孤立した島や地域に、海路を渡って向かい、被災者の医療支援にあたっています。レイテ島東海岸の被災状況は特に激しく、フィリピン政府の支援もまだほとんど届いていません。


「私たちはシェルター、医薬品、高栄養ビスケットなどの緊急キットを持って、孤立した地域に向かっています。支援が必要とされている地域に辿りつくためには船でもボートでもヘリコプターでも何でも活用します。」セーブ・ザ・チルドレン ロブ・ホールデン




フィリピン台風緊急支援へのご寄付受付は終了しました。

皆様からのご支援ありがとうございました。

引き続きフィリピンを含めた世界の子どもたちへの

あたたかいご支援をよろしくお願いいたします。



【クレジットカードでのご支援】

寄付申込ページへ





 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP