国内事業 国内事業 国内事業

国内事業

セーブ・ザ・チルドレンは日本国内でも生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」を実現するために、2003年から国内でも活動しています。子どもの貧困や子ども虐待といった日本の子どもを取り巻く課題に取り組むほか、自然災害における緊急・復興支援を行っています。

子どもの貧困問題解決

日本では現在、7人に1人の子どもが 相対的貧困下にあります。2019年6月に子どもの貧困対策法が改正され、11月には取り組みをまとめた「子供の貧困対策に関する大綱」が見直されました。国による対策が進む一方、数値目標が明確でないことや経済的支援策が十分ではないなど、解決に向けた課題もみられます。セーブ・ザ・チルドレンは、経済的に困難な状況にある子どもたちへの給付金提供、子どもの声や子どもの権利をもとにした社会啓発と政策提言を行い、市民社会の立場から子どもの貧困のより良い解決に向けて、取り組みを進めています。

子ども虐待の予防

すべての子どもが、家庭的な環境の中、安心・安全に成長することができる社会を目指し、親子の関係づくりや子育てを学ぶ機会の提供や、法律の見直しや社会啓発の推進を通じて、保護者の支援の充実と虐待の早期予防を目指した活動を展開しています。

国内緊急対応事業

近年、地震や集中豪雨など、大規模な自然災害が増えています。自然災害などに巻き込まれると、子どもも大人も、突然、非日常的な環境に放り込まれ、さまざまな問題に直面します。特に子どもは、情緒的にも認知的にも発達途中段階にあるため特有のニーズがあります。セーブ・ザ・チルドレンは、災害の影響を受けた子どもの健全な心身の発達と、子どもが自ら困難に対処していく力をサポートするために、子どもに特化した災害対応の能力を強化するための研修や啓発活動を行っています。

頻発する自然災害により子どもたちの命と暮らしが危機にさらされています。セーブ・ザ・チルドレンでは、自然災害の発生直後にいち早く実施する緊急支援から、中長期的に子どもたちの日常を回復するサポートの復興支援を行ってきました。

PAGE TOP
PAGE TOP