活動の紹介

すべての子どもが質の高い教育を受けられるよう、学習環境の改善、教員の能力養成、地域社会の意識向上、就学前教育の普及などの活動を通して支援します。

すべての子どもが質の高い教育を受けられるよう、セーブ・ザ・チルドレンは、読み書き計算能力の向上をはじめ、学習環境の改善や教員の能力養成などの支援活動を実施。就学前の子どもたちから、就業を目指す若者まで、2018年は世界で7,983,904人に教育支援を届けました。


教育

主な活動 (2018年度年次報告書より)

海外

【モンゴル】新入生の小学校生活適応のための支援

低所得者層が多く居住する地域にある小学校が、さまざまな事情を抱える子どもたちを適切に迎え入れられるよう、教員の指導力を強化。新入生が学校生活に無理なく適応できる学びやすい環境を整えるため、図書司書や学校医などの専門職員にも働きかけました。さらに、入学説明会や連絡帳を導入し、保護者と学校間の連携を強化。子どもの入学準備に関する保護者の理解を促しました。事業で開発した就学前の子ども向け教材は教育省に採用され、全国の小学校で新入生向けの「学びの基礎力」推進活動に活用されています。これまで行ってきた就学前支援活動も教員養成機関における教員養成の枠組みに組み込まれ、継続的な実施が期待されます。

【モンゴル】インクルーシブ教育の環境整備

モンゴルでは、貧しい家庭の子どもほど就学率が低く、教育機会の格差が存在しています。また、子どもが障害、病気、家庭内暴力のような課題を抱えると、教育を受けることがより難しくなります。すべての子どもが平等に教育機会を得られるよう、公立小学校の教師を対象に、個別支援を必要とする子どもを適切に指導するための研修を実施。また、退学した子どもや障害がある子ども、貧困などの課題を抱える子どもが多く通う生涯学習センターの教師を対象に、子どもたちが公立小学校へ編入できるよう研修を実施し、指導に必要な資機材を提供しました。インクルーシブ教育への理解を促すため、保護者に対する啓発活動も行いました。

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP