Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 332 Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 333 チャイルドセンターの社会サーカス研修(2)(2011.08.22)
トップページ > スタッフブログ > モンゴル > チャイルドセンターの社会サーカス研修(2)(2011.08.22)

モンゴル
(公開日:2011.08.22)

チャイルドセンターの社会サーカス研修(2)(2011.08.22)

 

こんにちは。モンゴル事務所で子どもの保護、特に「チャイルドセンター」を担当していますウヤンガです。


 
ウヤンガ_R.JPGモンゴルの公立の学校や幼稚園は、6月から8月まで3ヶ月間の長い夏休みがありますが、この時期、大人も1ヶ月近い夏休みを取ります。多くの人が、田舎の実家やゲル(モンゴルの伝統的な家)キャンプに移動し、大自然の中での生活を楽しみます。草原の上で食事や昼寝をしたり、川で遊んだり、長い冬を迎えるための十分なエネルギーを蓄えているかのようです。


さて、約1ヶ月ぶりのブログ更新になりましたが、前回のブログでお知らせしましたように、チャイルドセンターのサーカス研修に参加する子どもたちとサーカス指導員の声を以下にお伝えします。



DSC00872_サーカス研修の様子_2_R.jpgのサムネール画像


* * *   * * *  * * *


●アンフホヨルくん(15歳) 



No2_アンフホヨル_Resized.JPG<研修で1番楽しいこと>


ジャグリングの練習


(上の写真のように、目の前でジャグリングを見せてくれました。とても上手でした。)


<研修に参加して自分に起こった変化>


人がこわくなくなりました。友だちができました。


<将来の夢>


サーカスの団員になりたいです。


 


* * *   * * *  * * *


●ビルクトゥーテーくん(12歳) 




No5_ビルクトゥーテー_Resized.JPG<研修に参加しようと思ったきっかけ>


友だちと一緒に来て、おもしろそうだったからです。2008年から参加しています。


<研修で1番楽しいこと>


棒を使う演技をしているとき。


<研修に参加して自分に起こった変化>


まだわからない。両親は僕の演技を見たことがあります。


<将来の夢>


サーカスの団員になりたいです。


 


* * *   * * *  * * *


●シンジモウさん(15歳) ※下の写真の右の女の子 




No6_シンジモウ_Resized.JPG


<研修に参加しようと思ったきっかけ>


学校にソーシャルワーカーがサーカス研修の説明をしにきてくれて、おもしろそうと思ったからです。12歳の時から参加しています。


<研修で1番楽しいこと>


棒を使う演技


<研修に参加して自分に起こった変化>


もし、このサーカス研修がなくなると、いやです。


* * *   * * *  * * *


●指導員のエルデネ・ツェツェグさん(1999年から指導員の仕事をしています。)とのQ&A 




No7_Resized.JPGQ:研修に参加する前の子どもたちの様子はどうですか?


A:何も話さない子どもや、暴力をふるってくる子、騒ぐ子、何も言うことを聞かない子など、さまざまです。


 


Q:サーカス研修に参加した子どもたちの変化を何か感じ取りますか?


A:多くの子どもは、このサーカスをもっと学びたいと思うようになっていきます。また、人と接するようになるため、自分の身の回りをきれいにするようになってきます。中には、学校に行きたいと思うようになった子、親と会いたいと思うようになった子、働くようになった子もいます。


 




No8-1_サーカス研修の様子_Resized.JPGのサムネール画像


Q:指導員として気をつけていることはありますか?


A:子どもの接し方です。自分からこのサーカスをしようと誘うのではなく、子どもたちのほうから、「先生、これを教えてください」と言われたら、教えるようにしています。いつも子どもたちから言われるまで、こちらからは、強制しないようにしています。


 


Q:これから、このサーカス研修に望むこと、期待することはなんですか。


A:私は以前、演技者として仕事をしていました。でも、自分自身も2歳の時に両親を亡くしており、子どものために何かしたいといつも思っていました。子どもたちは、やはり学校に行かないといけないと思います。そして、学力だけではなく、心身共に健康にならないといけない。また、いろんな人と出会い、社交性を身につけることはとても大切です。このサーカス研修を通じて、これらのことを教えられたら嬉しいです。


 




No8_サーカス研修の様子_3_Resized.JPG


* * *   * * *  * * *


以上が、社会サーカス研修でひろった子どもたちと指導員の声です。練習をしている時は、一人ひとりが本当に楽しそうに練習をしていました。


 



SNV80390_Resized.JPGこの社会サーカス研修は、「シルク・ドゥ・ソレイユ」のご支援で実現しています。子どもたちに良い変化をもたらす活動を支えてくださり、改めて、ここで感謝を申し上げたいと思います。


ウランバートルのウヤンガより。


 






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP