トップページ > スタッフブログ > イエメン > イエメン 10万人の子どもたちがコレラに感染

イエメン
(公開日:2019.04.26)

イエメン 10万人の子どもたちがコレラに感染

 
イエメンで、2019年1月1日から4月19日の間に、コレラの感染が疑われる患者数が23万6,550人に上ることが明らかになりました。このうち15歳未満の子どもは、10万5,384人にのぼり、2018年の同時期と比較すると2倍を超える人数となります。さらに、この15歳未満の子どもたちのうち、半数は今年3月に感染の疑いがあると診断された子どもたちで、2018年の同月と比較してその数は9倍となっています。


セーブ・ザ・チルドレンは、ここ数ヶ月の間に起こっている大雨や鉄砲水、燃料不足、さらに、2018年12月にストックホルムで行われた和平協議での進展にも関わらず継続する戦闘などの国内情勢から、コレラの感染拡大が急速に進むと警鐘を鳴らしていました。

イエメンでは、燃料不足と燃料価格の高騰によって、上下水道の運用やごみ収集サービスの提供が部分的にしか行われていません。また、交通費の高騰により、大勢の家族は、子どもたちを保健医療施設へ連れていくことができません。多くの人たちは、飲料水を給水車から購入していますが、燃料価格高騰により水の料金も高くなっています。そのため、安全とは言い難い水源から水を手に入れるしかない家族もいます。

イエメン国内の状況から、セーブ・ザ・チルドレンは、これまでも、戦闘が続いている地域で、子どもたちやその家族が生活に必要な水を手に入れることがさらに難しくなるだろうと懸念を表明していました。たとえば、イエメン北西部ハッジャ県では、戦闘のために水源が利用できなくなり20万人が水を得る方法を失う事態に直面する危機的な状況にあります。この20万人は、紛争のために避難を余儀なくされ、食料の確保も難しい状況にあり、感染症などの病気にり患しやすい状態にあります。

今年2月に、国際社会は、イエメンに対して26億米ドル(およそ2,911億8,300万円)を資金援助することで合意しました。このうち、65%は、イエメン全土での人道支援のために必要とされる資金です。

しかし、2ヶ月後には、その合意がほとんど実現していないことが明らかになりました。保健医療支援に必要な資金は、その4%しか現場で活動している団体に届いていません。感染症をはじめとする病気の感染拡大を止めるためには、水や衛生環境を整えるための支援が重要ですが、その分野にもわずか10%の援助資金しか充足されていません*1

セーブ・ザ・チルドレン イエメン事務所代表ターメル・キロロスは、次の通り訴えます。
 「イエメンの多くの地域で、コレラが再び猛威を振るい、4年にわたる紛争ですでに命が脅かされている子どもと家族たちは、さらなる脅威にさらされています。今年に入って4ヶ月もたたない間に、10万人以上の子どもたちがコレラに感染しています。

コレラの感染者数の急増は、イエメンの紛争が続いている中で、子どもたちの苦しみに終わりがないことを示しています。 そして、絶え間ない紛争の中にあって、子どもたちは2018年の状況よりもさらに厳しい環境にあることが分かりました。多くの人が自宅から避難を余儀なくされ、飢餓と栄養不良が蔓延し、生存のために必要な保健衛生サービスの機能は弱体化しています。

さらに、当初合意された数十億ドルもの資金援助は、支援を必要としている人たちに届いていません。国際社会は、いますぐに資金の拠出をすべきで、そうすれば、私たちは、コレラの拡大を封じ込むための支援活動を拡大することができます。

すべての紛争当事者が平和的解決と紛争終結のために集まってこそ、初めて子どもたちはコレラの脅威から守られます。非常に多くの命がかかっている中で、これ以上、ストックホルム和平協議での成果や交渉が先延ばしにされることは許されません。セーブ・ザ・チルドレンは、すべての紛争当事者に対して、ストックホルム和平協議で合意されたことを実行に移すことを求めます。また、最終的に、イエメンの紛争が終わるように、全土での停戦合意と政治的解決の実現に向けて再び交渉の場につくように求めます」

コレラに感染後、適切な治療を受けなければ、数時間で死にいたります。栄養不良の子どもたちは免疫システムが非常に弱くなっており、コレラに感染した場合、栄養状態が良い子どもと比較して死に至る確率が少なくとも3倍高くなります*2。また、コレラのような下痢を伴う感染症にり患すること自体が、栄養不良を引き起こす原因にもなっています。国連によると、急性栄養不良の5歳未満の子ども200万人が治療を必要としています*3
*1 https://fts.unocha.org/appeals/675/summary

*2 https://www.who.int/nutrition/topics/Lancetseries_Undernutrition1.pdf
*3 https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/2019_Yemen_HNO_FINAL.pdf

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP